FC2ブログ

10月8日 台風避難

昨日は横手市を経由して湯沢市まで下りました。
鳥海山方面に行こうと思っていましたが、
台風予報だったので湯沢市で一泊。
予報だと台風が日本海側に行きそうだったので
風があたらなさそうな一関で台風をやり過ごそうと決めました。
風はずっと弱いままで、夜になって雨がポツポツ降り始めました


今日は朝起きたら雨。
夜からずっと弱く降り続いていました。
風は昨日から弱いままです。
秋田の湯沢市から岩手の一関へ抜けようと
車を走らせました。


途中の山道は紅葉が綺麗でした。
秋の宮温泉郷や泥湯、
小安峡、栗駒山などの観光地を通りましたが
台風避難なのですべてスルー。
こんな天気だからか、どこも車がほとんどなく
ガラガラ状態でした。

夕方がピークの予報なのでさっさと山道を走りました。

もうすぐ一関というところで
国道342号線が通行止。
係りの人が立っていたので、
「雨で通行止ですか?」と尋ねたら
昨年の地震以来復旧作業中で通行止ですとのこと。

去年ニュースでやっていた
岩手、宮城内陸地震というのはココだったのですね。
たいへんな被害だったことをこんな時に実感しました。
ん~、あと30分で到着といったところだったのですけどね。

とりあえず紅葉が綺麗でした。
雨で霞んでいますけどね。

20091007.jpg

山頂近くはさすがに風が強めです。
遮るものが何もないですしね。
台風が過ぎたら、葉っぱも落ちたり
傷んだりしちゃうのかな。

397号線で迂回しましたが
こちらも今年の5月まで通行止だったようです。
道路の谷側は法面補修の跡だらけで
片側通行箇所や未舗装部分や段差が多く
かなり走りにくかったです。
大雨の日に走る道路じゃないですね。
夜間は通行止だそうです。

工事車両以外の車とは、ほとんどすれちがわなかったです。
そりゃそうだよな。

途中、巨大ダムが建設中。
胆沢ダムというダムのようです。
地震の影響はどうだったのかな。
道がこれじゃ、工事も大変ですね。


ちょっと一関で台風避難と思っていましたが
かなりのロングドライブになってしまいました。
予定より1時間程遅れたかな。

昼頃に一関に到着。
厳美渓の道の駅で昼ごはんを食べて
宿で休憩です。
明日の朝まで動きません。

台風が最接近しても、風はほとんど吹いていないですね。
やっぱり内陸部は風に強いな。
雨はずっと降り続いていました。

台風は早めに抜けていきそうですね。
明日以降のんびりと秋田の鳥海山方面に戻ろうかな。
スポンサーサイト



9月25日 八幡平②

朝起きたら晴れっぽかったです。
でも毎度の霧ですね。
いつもスッキリは晴れません。

パンフレットに金沢清水というのが載っていました。
以前岩手のテレビで湧水が紹介されているのを見たことがあったので
少し見に行ってみました。

テレビを見ていたのでなんとなく場所を知っていましたが、
道路にも特に案内板がなく、
魚の養殖施設の門に小さく「金沢清水」の看板がありました。

施設内に入って、少し歩くと水が湧き出ている場所がありました。
テレビだと近づいて撮影していたのか、水が湧き出す様子がくっきり写っていたのですが
実際は柵があって、近くまでいけませんでした。
ちょっと遠くから撮影です。

20090925-1.jpg

日陰なので水の綺麗さがよく見えないですね。
富士山の水と同じくバナジウムが含まれているとかで、
その辺の店でチョイチョイ売っていました。
なぜかその水のペットボトルがキティちゃんのデザイン・・・。
バナジウム天然水なのに、ジュースみたいなパッケージでした。

次にガイドブックに載っていた御在所湿原に行きました。
観光客がいっぱいいるのかと思ったら、誰もいません。
少し歩き始めると、道は水でグチャグチャ。

20090925-2.jpg

看板には「ぬかるみ注意」とな・・・。
遊歩道の入口に何も書いてなかったのですが、
歩いてみたらずぶ濡れゾーンが点在し、
終始ベタベタでした。
そりゃ誰も来ないよな。

20090925-3.jpg

そして沼に到着。
昨日、綺麗な沼や湿原を見てしまったので、
特に印象に残らなかったです。
贅沢かな?

遊歩道を戻り、汚れた足を洗って昼ごはんにしました。
駐車場に露店が出ていたので、
うちはジュンサイ汁、嫁はキノコ汁を食べました。
そういえば湿原はキノコだらけでした。

キノコ汁にはいろんな色や形のキノコが入っています。
湿原のキノコも食べられるのかな?
まあ、怖いので手を付けませんけどね。

昼ごはんを終えてちょっとドライブ。
途中、紅葉が綺麗な丘が見えたので
写真でも撮ろうかと車を止めて、
少し丘を歩きました。

20090925-4.jpg

遠くから見ると綺麗な紅葉の丘だったのですが、
歩くと笹が深くて全景が見えないです。
霧がかかっていたので、丘の頂上がどこか分からず
そのまま登り続けました。

そして、引き返すタイミングを失い
そのまま歩いて歩いて、気付けば山頂。
登る予定のなかった茶臼岳山頂でした。

20090925-5.jpg

山の上だけ霧と雲がかかっているので
写真だと少し暗めですね。
遠くには昨日登った番岳がポコッと飛び出しています。

20090925-6.jpg

結局、今日もソコソコ散歩しました。
景色がいい場所でしたので
霧っぽかったのが少しだけ残念でしたが、
2人で楽しく散歩できました。

20090925-7.jpg


お風呂は今日も八幡平温泉。
ただお風呂に入れればいいんですけど
温泉ばかりになってしまいます。

明日は秋田県の方に抜けていく予定です。
長かった岩手県も明日の午前中くらいでお別れかな。
大きな県でしたね。

秋田も結構広そうだな・・・。

9月24日 八幡平

昨夜は少し雨が降っていましたが、
朝になると雨はあがり、明るかったです。
毎度ながら朝は霧っぽいですね。

晴れ予報なので八幡平に向かいました。
雫石を出て北上。
この前は混み気味だった盛岡周辺の国道も
今日はスイスイ流れていました。

八幡平市に入り、山頂目指して車を走らせました。
山を上るにつれて木の葉の色が黄色や赤に色付いてきました。
全体的に黄色の葉っぱが多かったです。
山が明るく感じますね。

山頂手前のレストハウスに車を止めて、
遊歩道を散策しました。

20090924-1.jpg

山頂側の遊歩道には観光バスの団体さんが歩いていきましたので
沼と湿原をまわるコースの方から山頂を目指して歩きました。
整備された舗装の道と木の板の道で
登山という感じではなく、ハイキング程度の散歩道です。

八幡沼をグルッと歩きました。

20090924-2.jpg

ほとんど平坦でした。
広葉樹が少なめですね。
松と笹が多く、湿原が広がります。
道路を走っていたときのような、鮮やかな紅葉はなかったです。
でも、いい景色ですね。

20090924-3.jpg

沼を過ぎて、そのまま歩き始めましたが
ぜんぜん上り坂が無く
何だか人がいるなー、と思ってみてみると
そこが山頂でした。
あらら、着いてしまいました。

20090924-4.jpg

八幡平と言うだけあって、本当に平らなのですね。
登ったぞという達成感も特にないまま、一応写真撮影。
これなら誰でも登れますね。
お手軽な山でした。

山頂でゆっくり、というほどの場所ではなかったので
小さな沼を巡って駐車場に下りてきました。

早くに八幡平散策が終わってしまったので、
南側に見えた、紅葉の綺麗な山に行くことにしました。
番岳という山のようです。
登山口から歩き始めると、
両脇が広葉樹で、赤いトンネルをくぐるように
山頂を目指して歩きました。

20090924-5.jpg

八幡平や道路脇は黄色の葉が多かったのですが
ここの山は赤い葉の木が多いですね。
平地にいると、まだ初秋といったところですが
山にくると、一気に秋が深まります。

20090924-6.jpg

あっという間に夏が過ぎていきました。
ちょっと前まで暑い暑いと言っていたのに・・・
時間が流れるのって早いものですね。
景色が綺麗なので、歩いていても楽しいです。
知らない間に前に進んでいます。

20090924-7.jpg

30分ほど歩いて山頂に到着。
こっちから見ても八幡平は平らで
どこが山頂だか分からなかったです。
八幡平の山頂はずっと雲がかかっていました。
山頂だけはなかなかすっきりしないですね。

八幡平より番岳の方が綺麗だったな。
嫁曰く「早池峰には勝てない」とのこと。

今のところ、水は柿田川で、紅葉は早池峰山が
お嫁さんランキングのトップのようです。

それにしても晴れてよかったな。
いい景色を見ることができました。

散策終了で、山を下りました。

そして八幡平温泉郷でお風呂に入りました。

20090924-8.jpg

今日も誰もいなかったのでちょっと写真を撮りました。
八幡平温泉、マグマの湯だそうで、
硫黄臭が漂う、源泉かけ流しの温泉でした。
車の窓を開けていると、たまに硫黄の臭いがしてくるので
この辺は温泉だらけのようです。

地熱発電所からお湯を引いているようで
この付近の温泉はどこも同じお湯のようです。

明日も八幡平付近を見る予定です。
晴れそうかな。

9月23日 電車

昨日はシルバーウィークでどこも混みそうでしたので
洗濯して、あとはのんびりしていました。
昨日は人で溢れかえっていた東和温泉も
少しだけ人が少なくなって、
一応、普通に入浴できるくらいに落ち着いていました。
洗濯して、温泉入って寝ただけ・・・。

今日は少し動きます。
でも、車は使わず止めたまま。

近くを走っていた電車に乗ってみました。
一昨日、近くの土沢という駅で時刻表をみたところ
1時間に1本未満程度の電車がくるだけの路線でしたので
9時35分発の釜石行きで遠野まで行ってみることにしました。

20090923-1.jpg

特に遠野に思い入れがあるわけではありませんが
なんとなく遠野でした。
土沢の駅に着くと、臨時快速「銀河ドリーム号」が本日運行のため
ダイヤが多少変わりますとの張り紙がありました。

「銀河ドリーム号」・・すごく豪華な電車なのか・・
・・蒸気機関車なのか・・
なんだかすごく気になりました。

途中通った宮森付近のめがね橋では
何台ものカメラがこっちに向かってレンズを向けていました。
ますます銀河ドリーム号がどんなのか気になります。

遠野について少し駅の付近を散歩して
銀河ドリーム号が確認できそうな場所で待ってみました。
そして電車登場。

20090923-2.jpg

んんん、これが銀河ドリーム号?
ディーゼル機関車が寝台車両を引っ張っていました。
鉄道マニアにはたまらない車両なのかな?
2人とも「へー」といった感じでした。
名前から想像してた車両とかけ離れていましたからね。
先入観って怖いですね。

電車も見終わったので、少し歩きました。
サイクリング道を適当に歩いていると
この前立ち寄った卯子酉神社が見えてきました。
その横にも石段と神社が・・。
嫁さんは前回気付いていたようですが、
私は横にあった神社は気付きませんでした。

20090923-3.jpg

せっかくなので行ってみようと、石段を上ると
結構な段数でした。
奥には小さな神社がありました。
愛宕神社と書いてありました。

20090923-4.jpg

そして愛宕ジャンプ。
最近、飛ぶと写らない高原ばっかりでしたので、
飛んだ写真も久しぶりです。

そして、卯子酉神社に行き
この前結んだ赤い布があるかどうか確認しました。

20090923-5.jpg

ちゃんとありました。
思わず「あった!」と言ってしまいました。
なんだかうれしいですね。
2回もきたのですから
願いは絶対叶うのでしょうね。

駅からまあまあの距離を歩きました。
とっとと駅に戻らないとです。
13時チョイ過ぎの電車に乗らないと
次の電車は15時台・・・。
早足で歩いて駅まで戻りました。

結構早く歩いたので、多少余裕をもって駅に着けました。
往復3km程度の散歩。
たいした距離ではないのかもしれませんが、
帰りが早足だったので、微妙に疲れて、少し長く歩いた気分です。

周りをみるとお客さんがまあまあいますね。
そういえばシルバーウィークの最終日でしたっけ。
観光客が観光地から帰っていくんですよね。

帰りの電車はずっと立って乗りました。
通勤ラッシュとかと違い、そんなに混みこみではないのですが
ちょっとだけ通勤気分でした。
電車の揺れが大きいですね。
ちゃんと捕まっていないと倒れてしまいそうです。

電車に乗る頃から雨が少し強くなりました。
歩いてる最中に降らなくてよかったな。

土沢駅に戻ったときには雨は小降りになっていました。
タイミングがよかったです。

明日から八幡平方面です。
東和より少し北側の雫石まで移動しました。
お風呂はこの前も利用した橋場温泉です。
のんびりできました。

9月21日 早池峰山、土沢まつり

朝起きたら曇りっぽかったです。
雲は薄めで日差しはありましたが
すっきりしない感じでした。
まあ、今日から曇りの予報ですので
予定通りなのかな。

それにしても寒いですね。
朝、少し車を洗おうかと思いましたが
寒かったので断念しました。

シルバーウィーク待機で
花巻の東の東和あたりに移動します。
モバイルも入りますし、
コインランドリーも近いですし
温泉もあるので、待機にはいいかな。


今日は南下しながら、まだ行ってない道の駅を2箇所巡りました。
これで岩手県の道の駅も全部制覇です。
細かく回りましたからね。
岩手は広いな。

途中、早池峰山の登山口を通りました。
たまたま通ったのですが、紅葉がすごいですね。

20090921-1.jpg

写真だと遠くて写りませんが、
山の中腹は赤いじゅうたんを敷いたような
紅葉の帯ができていました。

登山口からは大勢の登山客が
ちょうど下山したところでした。
早池峰山の反対側の薬師岳も山頂付近は真っ赤でした。

20090921-2.jpg

さほど登山に興味のない嫁さんも
こんなに綺麗なら登ってもいいかな、とのこと。
今日は時間が遅いので登るわけにはいきませんが、
まあ、次にこういう機会があったら、是非登りましょう。

登山口からちょっとだけ散歩して
運動終了です。


山を下りると木々はまだ緑ですね。
やっぱり山は寒いんだな。

平地の田んぼはすっかり実って
黄金色になってきました。
収穫を始めているところもチラホラあります。
あっという間に秋ですね。

20090921-3.jpg

東和に着く寸前で交通規制がありました。
山車がチラッと見えたので
道の駅に車を止めて、歩いて見に行きました。

ポスターや看板がほとんどなく
露店のある場所まで行って
やっと「土沢まつり」と書いてありました。
地元の小さな祭りのようです。

東北はほんとに秋祭りシーズンですね。

20090921-4.jpg

最初フラッと歩いたのですが、
車から見かけた山車が見当たらなかったです。

さらに歩いていると1台目の山車と出会いました。
どこか違う路地に入っていたのかな。
さっき通った時は見当たらなかったのですけどね。

30分休憩~。との掛け声で
山車が止まりました。
結構長時間引っ張るのかな?
30分って・・・長めの休憩ですね。

道の脇に鮎の塩焼きが売っていたので
2人で食べました。
おいしかったです。

そしてメインであると思われる神社に行きました。

20090921-5.jpg

誰もいなくて閑散としていました。
みんな山車のほうに行ってしまったのでしょうかね。

神社内に土俵がありました。
昨日は相撲があったようです。

神社を出ると2台の山車がこっちに向かってきました。

20090921-6.jpg

全部で3台のようですから
これで全部見ることができたのかな。

20090921-7.jpg

青森のねぶたもそうですが、
大きな山車が街を進む系統の祭りが多いですね。
なんだか華やかです。
若い人や子供が多くいますね。
それだけで賑やかな雰囲気です。

この時期本当に祭りだらけですね。
シルバーウィークと重なって
どこもかしこも混むわけです。

東和温泉に入りましたが
すごく混んでいました。
さすがにどこもいっぱいだなー。

9月20日 葛巻高原

朝起きたら曇りでした。
天気予報はまあまあだったのになーと思いながら
軽く出かけました。
運転中に少し寒かったので暖房を入れました。
もうそんなシーズンなのですね。
まさか9月に暖房を入れるとは思いませんでした。


混み具合の様子見がてら、モバイルゾーンまで出かけました。
国道沿いの道の駅で休憩しましたが
お客さんも多く、車も満車。
車の交通量も多めでした。
やっぱり混雑していますね。
さすがに晴れの連休はこうなるよなー。

以前通った久慈市で祭りがあったような覚えがあったので
明日、久慈祭りがやっているようなら
行ってみようかと思いましたが、
ネットで調べてみたら、今日で最終日でした。
あらら。
じゃ、明日は東和まで南下ですね。
また、洗濯でもして休憩です。
落ち着いた頃に八幡平にいけるといいな。

連休最終日辺りから宿が空きはじめそうな感じですね。
その頃にはどこもすき始めるかな。

今日はどこに行っても混みそうなので、
まだ行っていない道の駅を2箇所巡る
ドライブに出かけました。
昼頃から晴れてきましたね。

葛巻高原の道の駅でスタンプを捺印。
昼ごはんにモチ田楽とヤマメの塩焼きを食べました。
食後に高原の牧場を散歩です。

20090920.jpg

昨日に引き続き高原と牧場。
避暑にはいいんでしょうけど
すでに平地が寒いくらいですので
高原は冷えます。
風が少し強かったので、防寒着で散歩です。
汗も出ませんね。
道路の電光掲示板を見ると
昼を過ぎても17度程度の表示です。

20090920-2.jpg

昨日と違い、顔の黒い羊がいました。
黒いので表情がわからないです。
広い牧場ですね。
まるで北海道のようです。
昨日、たくさんの牛の中を歩いたので
今日の牧場だと牛が少なく見えるというか・・・物足りなかったです。

そういえば岩手に入った時に用紙を見つけて
スタンプを押し始めた、いわてスタンプラリー。

20090920-3.jpg

今日、ここの牧場で最後のスタンプ「こくっち」が押せました。
嫁は飛び跳ねて大喜び。
三陸エリアは道の駅が協賛で、簡単に押せたのですが、
県南エリアに入ってなかなかスタンプが見つからず
結構苦労しました。

この葉書を見せると、温泉が割引きになったり
入場料が割引きになったり、サービス品がもらえたりと
かなり重宝しています。

やっぱり全部スタンプがたまると
なんだかうれしいですね。
押し始めた頃はスタンプにこだわることなんて考えてもいませんでしたが
たまり始めてくると、押したくてしょうがなくなります。
5個スタンプを集めると抽選で50名にキーホルダープレゼントだとか。
ん~、もれなくプレゼントだといいんですけどね・・・。

せっかくだから記念に当たるといいな。

9月19日 羊と牛

朝は霧でした。
本当に毎朝霧ですね。
寒いとずっとこんな感じなのかな。
今日も結構冷えましたね。
四国の暑さを半分だけ分けてもらいたいくらいです。

なんだか車が多いような気がします。
やっぱり連休初日だからなのかな。

道の駅の産直コーナーはオープンと同時に人だらけ。
野菜とか安く売っていますからね。
茶屋も大盛況の様子でした。

ちょっと小岩井農場に行ってみることにしました。
まさに観光地ですね。
駐車場は関東圏のナンバーの車がずらりと並んで
朝から満車状態でした。

20090919-1.jpg

とりあえず中に入ってみると
小さな遊園地のような農園でした。
子供連れの親子が大勢来ていました。
とりあえずグルッと散歩です。

岩手山が見えていました。
天気がいいですね。
紅葉はまだかな。
羊がたくさんいました。
普通の羊と、毛を刈られた羊がいました。
毛が無いほうはヤギみたいに細かったです。

20090919-2.jpg

そのまま歩いていると
ふれあい広場的な場所がありました。
木の下に羊が群れていたので
軽くふれあっておきました。

20090919-3.jpg

羊の毛の中に手を入れると
中は結構温かかったです。
さすが全身毛布状態ですからね。
冬はよさそうですが、夏はきつそうです。

嫁もビビリながら触っていました。
感想は「毛が意外と硬い」「目が冷たい」だそうです。

牛乳飲んで、ヨーグルト飲んでソフトクリーム食べて、
昼ごはんにオムライス食べて、チーズケーキ買って
それなりに観光しました。

子供向けのイベント牧場といったところですね。
大人2人だとちょっとどうかな。
子供は楽しめそうな農場です。
ほんとに観光地でした。


こうやって観光地に行ってみると、
やはり連休はどこも混みそうな感じがしますね。
八幡平方面へ行こうかと思っていましたが、
少し北の方へ移動して休憩します。

移動中に田代平高原というところを通りました。
ちょっとだけ食べた分を消化するため散歩です。

車を止めた駐車場に七時雨山登山口と書いてあったので
少しそちら方面へ歩いてみることにしました。
登山口の入口に門があり、
放牧地なので入ったら閉めてくださいとありました。
門を閉めて散歩開始です。

20090919-4.jpg

歩き始めると牛の糞がチラホラ。
早速、放牧地のようです。

草原を少し歩くと森があり、
そこを抜けると牧草地帯でした。
七時雨山一合目の看板があり
すぐ横に「登山道に牛がいますのでご留意ください」と書いてありました。
目の前を見ると牛だらけ。
結構大きいのが登山道の真ん中にウジャウジャいました。

20090919-5.jpg

牛の真横を通過して登山道を歩きました。
登山という感じではなく、
牧場の柵の内側に閉じ込められたような状態です。
大きい牛はすぐ横を通っても動かないですね。
こっちをジロッと見ています。

20090919-6.jpg

嫁はビビッて表情が硬かったです。
ふれあい度が小岩井の比じゃないと言っていました。
少し登山道をずれて、牛を避けていました。
体の動きも若干硬かったので、後でなんでか聞いてみたら
不用意に動くと牛が突撃してくるかも・・、とのこと。
それで動きが硬かったのですね。


登山が目的ではなく、散歩だったので
30分登った時点で引き返しました。
2合目の手前くらいまでは歩いたかな。
いい運動になりましたね。
嫁は牛のせいで、へんな汗が出たとかで、
運動量以上に消費できたようです。
ずっといい天気の一日でした。

二戸市の浄法寺町というところまで来ました。
明日以降の予定を少し考えようと思います。

9月18日 洞窟


朝起きたら霧っぽかったです。
毎度、朝はモヤッとしますね。

温泉旅館を出て、ちょっと北に移動しました。
このあたりは宮沢賢治ゾーンですね。
記念館等の案内板が所々に出てきます。

街中を北上してもなんなので
山側の道の駅を訪ねて走りました。

「石鳥谷」「はやちね」と巡り
「紫波」へ移動する途中に
船久保洞窟という案内板があったので
立ち寄ってみることにしました。
砂利道の手前につくと、
洞窟には鍵がかかっているので
松川家まで連絡くださいとの看板がありました。
いつだったか・・・四国の穴神洞窟と同じ方式です。

道の脇の松川さんの家を訪ねると
女性の方が家から出てきて、
鍵を開けに行くので、先に洞窟の入口まで行っていて下さいとのこと。
先に洞窟の前まで行って待っていました。

20090918-1.jpg

ちょっと待つと軽トラがやってきて
松川さんらしきおじさんが降りてきました。
そして洞窟の鍵を開けてくれました。

20090918-2.jpg

入る直前まで気付きませんでしたが、
入口に大人300円と書いてありました。

ドアを開けて中に入ると
入口付近は結構狭かったです。
松川さんらしき人も一緒に入ってきました。
どうやら案内してくれるようです。

頭をぶつけないように前に進むと
徐々に天井が高くなってきましたが
横幅が狭いところがありました。
細身の夫婦でよかったです。
無事通り抜けました。
松川さん曰く、今まで2人ほど通れなかった人がいたそうです。
結構狭いですからね。

20090918-3.jpg

奥は広いホールになっていました。
入口の狭さからは想像できなかったです。
コウモリがバサバサと舞っていました。
普段真っ暗ですからいっぱいいるのですね。
松川さん曰く、200匹程生息しているそうです。
冬になると冬眠するので、手で持つことができるそうです。
まあ、持ってもそのあと困っちゃいますけどね。
どおりで下が土っぽいと思ったら
コウモリの糞なのですね。

縄文式土器も見つかったそうです。
雪深い東北の洞窟で、
縄文の人が生活していたことが不思議です。
火を焚いても寒そうですけどね。

岩手だけでも200以上の鍾乳洞があるそうです。
そんなにないものだと思っていたので以外でした。

20090918-4.jpg

そして洞窟を出て雫石に移動。
道の駅「雫石あねっこ」に併設されている
橋場温泉に入りました。
明日は小岩井牧場に行ってみようと思います。

そういえば明日から連休ですね。
どこも混むのかな。
東北は秋祭りシーズンと重なるようで
宿はほとんど開いていないようです。
少し待機して様子をみたいと思います。

9月17日 花巻

朝起きたら、かなりひんやり。
気温表示を見たら8℃。
こりゃ寒いな。
もう冬の気温ですね。
ダム湖のほとりで宿泊だったのですが、
朝は霧でした。
内陸部に入ってから朝は霧の日が多いですね。
徐々に霧がとれてきて、少しずつダム湖が見えてきました。

今日は花巻方面の旅館に宿泊予定です。
15時のチェックインまで時間があるので
少しプラプラ。

物見山と中尊寺でズボンが汚れてしまったので
ちょっとコインランドリーで洗濯。
その後、道の駅「とうわ」で布団を干しました。
ものすごく晴れていて観光日和なのですが、
布団干し日和でもあります。

20090917-1.jpg

干している間に昼ごはんを食べました。
花巻産白金豚のしょうが焼き定食というのを選びました。
連日の肉食。
顔がテカテカになってしまいそうです。

布団もバッチリ干せたので
花巻方面に向かいました。
花巻温泉郷を車でめぐり、
台温泉という地区をゆっくり走りました。
こじんまりとした温泉街ですね。
窓を開けると硫黄のニオイが入ってきます。
せっかくなので温泉に入ってみようということで
精華の湯というところで日帰り入浴しました。

20090917-2.jpg

平日の14時台なのですいていますね。
中は硫黄のニオイがして
まさに温泉といった感じでした。
こんな時間に温泉に入ってしまうと
もう、何もしたくなくなってしまいます。

地図に源泉の場所が書いてあったので
寄ってみました。

20090917-3.jpg

蒸気と硫黄臭がすごいです。
道端に何箇所かこんな感じに源泉の出ているところがあるようです。
まさに温泉の町ですね。

そして宿に移動。
花巻南温泉峡の愛隣館という旅館です。
なんだか温泉旅館に泊まると新婚旅行っぽいですね。
ゆっくりする前に、白金豚を消化するため
宿の周りを少しだけ散歩。
歩いていても涼しいです。

20090917-4.jpg

天気がいい一日でした。
布団も干せて満足です。
せっかくの温泉宿ですので
宿に戻って入浴です。

川の湯と森の湯と南部の湯という種類がありました。
今の時間は川の湯と南部の湯が男性用という事で
川の湯へ行ってみました。

入ると1人だけ先客がいたのですが
私が入ると同時に出て行ってしまい
一人になりました。
なので写真撮影。

20090917-5.jpg

信楽焼き陶器風呂というのがありました。
源泉が入っているので熱い場合は
水を入れてくださいと書いてありました。
足をつけると結構熱かったので、
水を足して入浴。
通はそのまま入るのかな?
まあ、温泉通じゃありませんので。

川のほとりの岩風呂や少々深めの腰掛湯もありました。
内湯の風呂も窓がなく
露天状態でした。

20090917-6.jpg

平日のこの時間はすいているのかな。
結構大きな旅館なので人がいっぱいかと思いましたが
思いのほかのんびり温泉に入れて
ゆっくりできました。

温泉を出ると嫁さんが
あれ行ってみたい、と指をさしました。
なんだろうと思って見てみると、
温泉を飲めるコーナーがありました。
早速飲む嫁さん。

20090917-7.jpg

感想は「オエッ」だそうです。
うちも飲んでみようと口を近づけると
硫黄臭がプーンとしてきて
飲む前にむせてしまいました。
飲んでもおいしくはなかったです。

主な効用というところに病名一覧がありましたが
どれも当てはまるのがなかったので
まあ、飲まなくてもよかったのかもしれません。

夕食が出てきました。

20090917-8.jpg

こりゃ多いな。
昼ごはんをしっかり食べてしまったので
なかなかお腹に入りません。
また白金豚がありました。

20090917-9.jpg

もう終わりかと思ったら
栗ごはんやら焼き物が後から出てきました。
うう、動けません。

温泉の町満喫の贅沢な一日でした。
嫁さんもゆっくりできたかな。
こんな日もいいですね。

9月16日 中尊寺と前沢牛

朝起きたら霧でした。
天気はいいはずなのですが、モヤッとしていました。
毎朝結構冷えます。

朝の支度をしていたら
徐々に晴れっぽくなってきました。
今日は中尊寺に行きます。

8時半過ぎに中尊寺に到着したのですが
お土産屋さんも準備中で、閑散としていました。
なんだか貸切みたいでいいですね。
そして散策開始です。

坂道の参道を上ると、
両脇に小さなお堂がチョイチョイ登場します。
1つ1つが立派な造りですね。

20090916-1.jpg

小さなお堂を巡りながら参道を進むと
金色堂の入口がありました。
ここからは有料でしたので
お金を払って中に入りました。

20090916-2.jpg

金色堂はこの建物の中に建っているのですが
内部は撮影禁止とのことですので
まあ、覆いの建物のみの写真です。

細かく綺麗な装飾が施された
金色に輝くお堂が建物の中にありました。
金色堂の中には藤原清衡、基衡、秀衡の遺体が入っているそうです。
眩しいくらいの建物でした。
金色堂は国宝だそうです。

20090916-3.jpg

奥には経蔵という建物がありました。
こちらも重要文化財だそうです。
周辺にはモミジの木が立っていました。
紅葉シーズンはきれいなのでしょうね。

その先には以前金色堂を覆っていた、旧覆堂がありました。

20090916-4.jpg

覆蓋施設を新築した際に、こちらに移設されたそうです。
こちらも重要文化財だそうです。
ここまでで有料ゾーン終了です。

修学旅行か社会見学なのでしょうかね。
学生の団体が数組いました。
マスクの団体もいて、少し怖かったです。
インフルエンザかな。
うつされないようにしなきゃ。

20090916-5.jpg

少し戻って能舞台を見に行きました。
こちらも立派な建物ですね。
舞ってみようかと思ったら
立ち入り禁止でした。
ここで中尊寺めぐりの一番奥地です。

次に金色堂の少し手前にあった
讃衡蔵という宝物庫を見学しました。
中には国宝や重要文化財がどっさりと展示されていました。
平安時代と思えないほどの仏具や副葬品の加工技術に驚きました。
施設の中では昭和43年に完了した
金色堂の補修作業のビデオが繰り返し上映されていました。
全部見ましたが、かなりたいへんな作業だったようです。
このビデオを見てから金色堂を見たほうがよかったな。

戻りながら途中飛ばしてきたお堂も
すべて立ち寄りました。

のんびりグルグルと歩いて3時間の散歩でした。
結構歩きましたね。
疲れました。


お腹がすいたので昼ごはんです。
前沢という地名のところがありました。
あの前沢牛の前沢なのですね。
小さな町で、通り過ぎてしまうところでした。

でもそこは通り過ぎずに前沢牛を食します。
歩いてお腹すかしておいてよかったな。

20090916-6.jpg

前沢牛のレストラン、牛の里というところで
牛づくしというメニューを頼みました。
寿司や刺身やしゃぶしゃぶなどが出てきて
ステーキもありました。

20090916-7.jpg

私はヒレ、嫁はサーロイン。
こりゃ量が多いな。
それでも食べきりました。
あたりまえですがおいしかったです。

あとはお風呂という事で
地図に載っていた温泉ゾーンの道路を走りました。

何箇所も温泉があったのですが
とりあえず温泉ロード終点の夏油温泉というところに行ってみました。
到着すると日帰り入浴の人は15時までで終了とのこと。
あらら、14時50じゃないですか。
露天風呂のみなら15時以降も入浴可能とのことでしたが
結構歩いたので、ちゃんと体を洗わなきゃだし
露天だけじゃなー・・・
と、いうことで、来た道を少し戻って
千貫石温泉に入ることにしました。

20090916-8.jpg

普段はお風呂の写真は撮らないのですが
たまたま誰もいなかったので
ちょっと撮影しました。

1階が大浴場でB1が露天でした。
露天風呂の方にも内湯があり、
シャワーなども完備されていて、しかもすいていました。
源泉かけ流しで湯量の多い温泉でした。

入浴料も300円と安く、
しかもスタンプラリーの葉書を持っていたので100円引きでした。
なんだか得した気分です。

いい温泉でのんびりできてよかったです。

9月15日 物見山

朝起きたら雨でした。
予報は曇りのち雨でしたので
朝は降らないかと思っていました。

中尊寺を歩こうかと思っていましたが、
雨が強めだったので、歩く予定を変更し
コインランドリーで洗濯をしました。
雨だと結構混みますね。
見ていると家で洗濯だけして、乾燥機だけかけにくる人が多いですね。
雨の日は早めに行かないと
乾燥機がソコソコ埋まりますね。

車に積んだタオルケットや掛け布団も洗濯しました。
コインランドリーって便利ですね。

洗濯が終わり、昼ごはんです。

昨日、毛越寺に行ったのですが
わんこそばでお腹いっぱいだったので
境内のお休み処でもち料理が食べられませんでした。
今日はお腹ペコペコなのでいけます。

20090915-1.jpg

道の駅よりモチの種類は少なかったですが、
十分お腹いっぱいになりました。
雑煮もついていて、なんだか正月気分です。

昼には雨が止んで、少し明るくなりました。

午後の予定は特になかったので
種山ヶ原というところまでドライブ。

道の駅でスタンプを押したあと、
モチを消化するため少し散歩することにしました。

20090915-2.jpg

さーて散歩でもと思ったら
クマ出没注意だとか。

まあ、注意して出かけます。

ブリューベルの広場というのが
パンフレットと看板に書いてあったので
とりあえずそこを目指しました。

どんな花だか見たことありませんが
夏から秋が見ごろと書いてあったので
ブリューベル広場というところには
一面花が咲いているのだろうと歩きました。

20090915-3.jpg

歩いても歩いても
お花畑的広場は見えてこず、
なんだかんだで山頂まで歩いてしまいました。
物見山山頂871mとのこと。

20090915-4.jpg

ハイキングの予定が登山になってしまいました。

道の脇にチョイチョイあった
リンドウのような花のつぼみが
ブリューベルだったのであろうか・・。
謎のままです。

往復5kmの散歩。
気付けば結構な距離です。

雨上がりだったので
足元がべたついて
結構汚れてしまいました。

峠に遊林ランドという施設があり
お風呂に入れるようだったので
そこで汗を流しました。

明日は天気がよくなりそうかな。
中尊寺に行ってみようと思います。

9月14日 猊鼻渓、毛越寺

朝起きたら晴れでした。
すっきりいい天気です。
日差しがあると暑いくらいですが、
日陰だと少し冷えます。
どんな洋服で出かけようか迷いますね。
風邪だけひかないようにしとかなきゃです。

猊鼻渓に行くことにしました。
2日前に通ったのですが、
天気が悪いし、土曜で混みそうなので
一旦保留しておいた場所です。

船に乗らないと景色が見られない渓谷でした。
早いうちの方が混まないかなと思って
9時の船に乗ることにしました。
到着すると天気がいい割に、お客さんは少なめでした。
定員35名の船に、乗船客は全員で5人。
前の船は2人だったそうです。
すいてるなー。

20090914-1.jpg

風もなく、温かく
のんびりの川下りですね。
眠たくなりそうなくらいです。
実際には川下りではなく、
川を上ってから下る往復運行です。
流れがほとんどないので、
手漕ぎで上れるのですね。

船頭さんが、「漕いでみたい人」と声をかけてくれたので
名乗り出て、船を操ってみました。
なかなか真っ直ぐ進まないですね。
竿で押していると、微妙に曲がってきます。

嫁が「へたくそー」と言ったので
ちょっと運転チェンジです。

20090914-2.jpg

運転を代わってみたところ
嫁も超蛇行。
へたくそ夫婦でした。

それにしてもいい景色ですね。
石灰岩の切り立った岩場が続きます。

終点まで船で移動して
少し歩くと斜めに切り立った大きな岩の壁がありました。
大猊鼻岩というそうです。
倒れてきそうで、すごい迫力ですね。

20090914-3.jpg

壁には鼻のような鍾乳石が飛び出していました。
だから猊鼻渓なのですね。

20090914-4.jpg

その大きな壁に小さな穴が。
ここに土を固めた玉を投げて
見事に入ると願いが叶うのだとか。

うちと嫁で5個ずつ投げました。
なんとか1個だけ入りました。
願いは叶うのかな。

帰りに次の船とすれ違いましたが、
乗客が大勢乗っていました。
早い時間の船にしておいてよかったな。

船下りを終えて、平泉に移動しました。
昼ごはんまで少し時間があったので
ダイハツの人が一応お勧めしていた、
達谷窟という場所に行ってみました。

20090914-5.jpg

毘沙門堂という建物が岩にめり込むように建っていました。
足場が組んであって清水寺みたいですね。
建物の奥の岩の壁には大仏の顔が彫られていました。

変わった建物ですね。

20090914-6.jpg

そして達谷窟ジャンプ。
飛んだ頃にバスが到着して
観光客の方がゾロゾロやってきました。
結構な観光スポットなのですね。

そして昼は平泉わんこそば。

20090914-7.jpg

食べてるとパコッと入れられるタイプじゃなくて、
最初から椀に入ったお盆がくる方式でした。
24杯でしたが、十分お腹いっぱいです。
ごちそうさまでした。

腹ごなしに毛越寺を散歩。

20090914-8.jpg

明日から萩まつりだそうです。
萩に埋もれる嫁。
入口手前の歩道の萩が、一番よく咲いていました。

いい天気ですね。
歩いていてちょうど気持ちいいくらいの天気と気温です。

20090914-9.jpg

萩は程ほどに咲き、
モミジは紅葉が始まるかどうかくらいの色づきです。

中でおみくじを引きました。
嫁は毎度の大吉。
私は中吉でした。
まあ。こんなもんでしょうね。

20090914-10.jpg

毛越寺の庭園をのんびり2周半ほど歩きました。
ながく歩きましたね。
ソバは消化されたかな。

寺の近くの大沢温泉旅館というところでお風呂に入りました。
夕方になってちょっと雨が降ってきましたね。
明日は天気がイマイチなのかな。
ちょっと中尊寺に行ってみようと思います。

9月13日 のんびり。

雨予報でしたが、
朝起きたら日差しがありました。

今日はちょっと所用を済ませます。

まずはハイゼットのオイル交換です。

20090913-1.jpg

1万kmを超えましたので、
オイルとオイルフィルターも交換です。
結構酷使しているので
他に点検する必要はないかなと思い、
ダイハツの人に聞いてみたところ
新車なのでオイルだけ替えれば大丈夫ですよとのこと。
新車でよかった。

そしてSATYでジャージを購入。

昼になったので道の駅「厳美渓」で昼ごはんです。
もちを食べました。

20090913-2.jpg

餅街道 平泉、一関という張り紙がありました。
もちゾーンですね。
レストランの名前が「ペッタンくん」
こりゃすごいな。

8種類のモチが入っていました。
季節限定とかでブルーベリーソースのモチも入っていました。
お腹にズッシリです。

満腹になったので、少しだけ散歩。
昼時に雨が降りましたが、
その後少し晴れました。

20090913-3.jpg

30分ほど厳美渓を歩きました。
これくらいじゃモチは消化されないかな。

日曜なので観光客が多かったです。
雨予報だったので
もう少し人がいないのかと思いました。

20090913-4.jpg

そして洗濯して今日の予定終了。
のんびりの一日でした。

9月12日 ちょっと休憩。

朝起きたら曇りでした。
内陸部に向けて移動です。

少し雨がポツポツきました。
予報が悪いですからね。

幽玄洞という洞窟に立ち寄りました。
雨の日は洞窟ってとこですかね。

土曜日でしたが駐車場はガラガラで、
他に誰もいませんでした。

入ってみましたが、
滝観洞や龍泉洞に入った後なので
すごく物足りなく感じました。

20090912.jpg

水が溜まっているところでちょっとだけ撮影。
ん~、雨だから洞窟といっても
当たりはずれがありますね。

次にいい洞窟に出会えるのはいつかな?


宮古以来の久々のモバイル圏内。
しばらくは東北道沿いなので入りそうかな。

一関まできました。
ちょっと休憩です。
月曜から動こうかな。

9月11日 大船渡、陸前高田

朝起きると薄曇りでした。
寒くはなかったです。
海側だからかな。

今日もこの辺をプラプラします。

宿泊した場所の近辺に大きな杉があるとのことで
少し見に行ってみました。

20090911-1.jpg

三陸大王杉と書いてありました。
かなりの老木のようで、大規模な蘇生治療が行われていました。
木の半分は治療材で塗り固められている状態で
やっとこさ立っている感じでした。
専門化が屋久島の杉等と比較して樹齢7千年程度と判断したようです。
かなりのおじいちゃん杉ですね。

そして、昨日夕方で暗かった穴通岩へ行きました。
今日は薄曇りなので、海の色がイマイチですね。
うねりもあったので、水が泡立っていました。
まあ、しょうがないですね。

20090911-2.jpg

少し碁石海岸を散策しました。
観光案内所の人に聞いたところ、
碁石浜の石はほとんど持っていかれてしまって
碁石のような黒い石はほとんどないとのこと。
へー、それで昨日の碁石浜も灰色の普通の玉石ばかりだったのですね。

人が行かなさそうな大浜というところまで歩きました。

20090911-3.jpg

ちょっと探すと黒い石がチョイチョイ落ちていました。
でも、少ないですね。
これくらいが碁石っぽいかな。

20090911-4.jpg

黒色頁石という石のようですね。
ツヤツヤしていて綺麗だな。

雷岩というところも見てみました。

20090911-5.jpg

波が穴に入る時に雷の音がするのだとか。
まあ、言われてみればゴゴゴゴっていってるかな。
見下ろすと昆布がついていました。
三陸はどこも昆布だらけだなー。

ちょっと灯台まで歩いて
碁石ジャンプ。

20090911-6.jpg

この頃から晴れてきました。
近くに大きな椿があったので立ち寄ってみました。

20090911-7-1.jpg

大船渡の三面椿という名前だそうです。
樹齢約1,400年で日本最大、最古の椿と書いてありました。
へー、こんなとこに日本一の椿があるのですね。

こちらも台風で主幹の2本が折れて
樹形のほぼ半分がなくなってしまったとのこと。
おじいちゃん木はどこもたいへんですね。

そして、陸前高田の高田松原を散歩。

20090911-8-1.jpg

あたりまえですけど松だらけですね。
日本百景だそうです。
松林を抜けると海でした。
すっきり晴れましたね。

20090911-9.jpg

霊泉玉の湯というところでお風呂にしました。
なんだか毎日温泉です。

明日、明後日は雨予報ですね。
土、日ですし、ちょっと休憩日かな。

9月10日 釜石、大船渡

朝起きると曇りでした。
夜、少し雨が降りました。
昨日ほど冷え込まなかったです。

そして朝もちょっと雨が通りました。
虹が出ていました。

今日はまた海岸沿いに出てみます。
遠野を出て、大槌方面へ。

途中に橋野高炉跡という看板があったので寄ってみました。
車を止めると横をおばさんが通過。
手に実を持っていたので、「何の実ですか」と聞くと
「くるみ」と一言。

へー、あれがクルミかー、と思って高炉跡を散歩していると
嫁の手にバチンと実が当たりました。
上を見るとクルミの木でした。
風に揺られて落ちてきたようです。
コウモリ直撃の次はクルミが直撃かー。
普通、直撃することってなかなかないですよね。
うらやましいなー。

20090910.jpg

高炉跡の史跡はそっちのけで
クルミの実を拾いました。
皮を剥いて乾燥させるのだとか。
ちょっと皮を剥いたら手が真っ黒です。
一瞬で働き者の手になりました。

クルミで遊んだあと、海側へ抜けました。
ひょうたん島っぽい形の島があるとのことで
すこし立ち寄ってみました。

20090910-2.jpg

桟橋を歩いて渡れたので、近づいてみましたが
この角度だとひょうたんに見えませんね。
上陸しましたが、神社があるだけでした。

20090910-3.jpg

その後、離れて漁港から見てみると
若干ひょうたん島っぽい形でした。
陰って逆光でしたので、遠くからだと写真にうまく写りませんでした。
まあ、しょうがないですね。

そして釜石でコインランドリーを見つけて洗濯。
乾燥中に昼ごはんを食べに行くことにしました。

おととい少し立ち寄って
ウニを食べ損ねたシープラザ釜石で食事です。

嫁はうに丼。
私は特上釜石丼。
ホタテとウニとイクラとアワビが乗っていました。
若干ブーイングを受けながらも、
おいしく食べることができました。

何気にメーターを見ると走行距離が1万kmを超えていました。
また、オイル交換しなきゃ。

そのまま少し南下しました。
曇りっぽい天気でしたが、
徐々に晴れてきましたね。

大船渡に入ると、
景勝地の碁石海岸というところがありました。

20090910-4.jpg

碁石浜という浜に下りましたが、
石は碁石の色ではなく、普通の漁港でした。
あらら、こんなもんなんですかね。

少し先の穴通岩も見てみました。

20090910-5.jpg

ん~、東側の海岸なので夕方だと陰ってしまいますね。
写真に写すと真っ暗です。

今日はこの辺で宿泊です。
五葉温泉というところでお風呂にしました。

9月9日 遠野

朝起きたら晴れでした。
夜中にかなり冷え込みました。
寒いなーとは思っていましたが、
温度表示を見てきた嫁の報告によると10℃だとか。
こりゃ寒いはずです。
冬ですね。

朝方少し雲がありましたが、
徐々にすっきりしてきました。
昨日の夕方同様いい天気です。

ちょっと遠野散策です。
2人とも遠野物語を読んでいないので、
特にこれといった思い入れはありません。

まずは続石。

20090909-1.jpg

でかい石がいいバランスで乗っかっていますね。
遠野物語にも出てくるのだとか・・
読んでないので分かりません。

弁慶がのっけたと言い伝えられているようです。
言い伝えはどうあれ、自然ってすごいですね。

次に卯子酉様という神社に行きました。

20090909-2.jpg

願いを書いた赤い布を左手だけで結ぶのだとか。
1枚書いて縛りました。
ヌヌヌ左手1本だとギュッと縛れませんね。
でも取れたらイヤなので、ギュッと縛りました。
願いは叶うかな。

そしてカッパ淵に行きました。
淵に向かって歩いている途中に、嫁が「カッパだ!」と言いました。
ハッと見てみると、普通のおばあちゃんでした。
ん~、道路で服着たカッパはないよな。

20090909-3.jpg

カッパ淵に到着。
カッパの出てきそうな川です。
前日に入手したカッパ捕獲許可書にて、準備万端です。

20090909-4.jpg

見渡してもカッパは現れません。
いるのはカッパ風の嫁のみ。

20090909-5.jpg

まあ、今回は捕まえ損ねましたが
次回訪れたときの楽しみに取っておきます。

そしてカッパ淵の近くにあった
伝承園に入りました。

20090909-6.jpg

馬屋と家がL字型に一体となった家などがありました。
国の重要文化財なんだとか。
コスモスが咲いていました。
ほんとに秋ですね。

山口の水車というのが近くにあったので
そちらも行ってみました。

20090909-7.jpg

現役で使用しているようで、普通に回っていました。
小屋の中には稲の穂が穴に入っていて、
水車が回ると穂をつけるようになっていました。
こういうのが今も使われているのですね。

次に荒神神社というところに行ってみました。
道の駅で見かけたポスターに載っていたので、
ちょっと見てみようかなと思いました。

20090909-8.jpg

到着すると、田んぼの真ん中に
ちいさな茅葺の祠がありました。
どこから入っていいのか分からなかったので
近づきませんでした。

バス停の待合所も小さな茅葺の小屋のところがありました。
町全体がこんな感じの雰囲気なのですね。

昼ごはんにホタテの釜飯とヤマメの塩焼きを食べました。
おいしかったです。

昼を過ぎて、パンフレットに載っていた
稲荷穴に向かいました。
鍾乳洞とのことでしたので、
龍泉洞や滝観洞みたいな感じかなーと思っていました。

20090909-9.jpg

料金所もないし、人もぜんぜんいないので
どうなってるのかなと穴を覗いてみると、
穴の中に柵があり、中には入れませんでした。
外で洞窟の水を飲むだけの鍾乳洞のようです。
水は岩手の名水20選だそうです。
嫁曰く、味は普通だとか。
まあ、グルメな嫁が言うのだから間違いないでしょう。

遠野散策終了です。
たかむろ水光園というところでお風呂にしました。

明日はまた海側に出ようと思います。

9月8日 洞窟

朝起きたら曇りでした。
どんよりですね。

まず宮古の崎山の潮吹き穴に行きました。

駐車場の看板を見ると、
干潮の時や波が穏やかな時は見れないと書いてありました。
結構穏やかなのでどうかなーと思って見に行くと。
ちょぴっと潮を吹いていました。

20090908.jpg

台風のとか波がくると、ブシュッとあがるのでしょうね。
そういえば台風がきてたような気がしましたけど・・・。
波も風もないですね。

少し南に移動して
陸前山田でラーメンを食べました。
私が海鮮ラーメン。
嫁さんがあかもくラーメン。
あかもくというのは海藻でした。
おいしかったです。

そして波板海岸という浜に行きました。

20090908-2.jpg

打ち寄せる波が浜に浸みて
返す波がない浜なんだとか。
少しは戻りますが、ほとんど浸みますね。
へー、面白い浜だな。
水は冷たかったです。
日差しがないですからね。

釜石市まで移動して、ちょっと休憩。
駅前のシープラザ釜石というところでちょっと休憩。
本日限定うに丼と書いてありました。
あー失敗したなー。
さっきラーメン食べたとこです。
何だよー。

釜石から少し内陸部に入りました。
パンフレットに載っていた滝観洞へ向かいました。
天気が悪い日は洞窟がいいですね。
雨でもなんでも関係ありません。

入口でチケットを買うと、
ヘルメットと長靴を強制装着。
ウインドブレーカーも着用でした。

20090908-3.jpg

こんなのを装着なんて、どんな洞窟だろうかと入ってみると
天井が低く、水がぽたぽた。
床はすべりやすそうな岩が続いていました。
こりゃこの装備じゃなきゃダメですね。

八つ墓村の映画撮影が行われたんだとか。
確かにそんな雰囲気の洞窟です。

20090908-4.jpg

終点が滝だそうですが、
歩けど歩けど到着しません。
途中の天井はたまに低いところがあり、
中腰じゃないと通れない部分もあります。
ヘルメットのおかげで助かりました。
2人ともゴチンゴチン頭をぶつけながら進みました。
コウモリも飛んでいました。
さすが洞窟。

ウミユリの化石との案内板があったので
どこだろうと探すと
矢印が下を向いていました。

足元を見るとウミユリの化石が・・・。
普通に踏んでいいんですね。
雑把な感じがなんだかすごかったです。
そして880mほど進んだところで広いホールに突き当たり、
やっと滝が現れました。

20090908-5.jpg

落差29mで洞内滝としては日本最大級だとか。
広くて大きいので、写真にはうまく写らないですね。

狭く、長く、装備までつけて
探検気分の楽しい洞窟でした。
個人的にはおすすめ洞窟です。

向かい側に白蓮洞という洞窟があったので
ついでに入ってみましたが、
滝観洞のあとだったので
なんだか物足りなかったです。

そのまま遠野に抜けました。
その頃にはすっきり晴れてきました。
明日はこの辺を散策予定です。

本州最東端

朝起きたら薄曇りでした。
予報は曇りなので、天気が悪いのかなと思いましたが、
少ししたら晴れっぽくなりました。

まず浄土ヶ浜に行きました。

20090907.jpg

白い石の海岸で、
眩しくて綺麗ですね。
水も澄んでいて、波も穏やかです。

ちょっと散歩しました。
観光バスが着くと団体さんが歩いてきますね。
少しすると、サッといなくなります。

変な外人さんが日光浴をしたり、泳いだりしていました。
岩に登るなとの看板がありましたが
普通に岩に登りはじめて、注意されて
うちらが帰るときに、パトカーで連れてかれていました。
なんだかたいへんですね。

浄土ヶ浜の観光協会で本州最東端の訪問証明書が発行されていました。

20090907-1.jpg

せっかくなので発行してもらいました。

証明書をもらっておいて、最東端に行かないわけにはいかないので
灯台を目指して出発しました。

宮古から車で30分ほど走り、
灯台手前の浜辺からは遊歩道。
パンフには片道60分と書いてありました。

いざ歩くと、
同じような景色の山道がずーっと続いていました。
行けども行けども灯台が見えず、
どこまで行くんだろうと思いました。

奥入瀬や白神山地と違い
単調な道でした。

しばらく歩いて、ようやく到着です。

20090907-2.jpg

証明書にあった、魹ヶ崎灯台です。
やっと着きましたが、灯台と碑のみ。
達成感だけが残ります。

そして魹ヶ崎ジャンプ。
飛びすぎると帰路の歩きに影響します。

20090907-3.jpg

片道4km程度の散歩道。
ほんとに片道1時間くらいでした。

浄土ヶ浜と最東端だけで一日終わってしまいました。
恐るべし最東端。

帰りに光山温泉というところでお風呂にしました。
地元のおじさんに話しかけられましたが、
ちゃんと聞かないと、方言が聞き取りにくいです。
ずーっと話しかけられていたので、ヒアリングに力が入り
若干のんびりできなかったです。
まあ、楽しかったですけど。

山側~海側

朝起きたら晴れでした。
今日もいい天気です。

海側ばかりでしたので、
ちょっと山側に入りました。

途中、平庭高原というところを通りました。

20090906-1.jpg

白樺が多く生えている道路でした。
昨夜、走り屋がブンブン走っていて、
あまり印象がよくなかったので、
ササッと通り過ぎました。

次に早坂高原を少し散歩。

20090906-2.jpg

特に何があるともない
普通の高原でした。
昼飯前のちょっとした散歩です。

そして道の駅、三田貝分校というところで昼ごはん。
岩手短角牛の牛丼とコロッケを食べました。
お腹を減らしていったつもりですが
満腹になりました。
おいしかったです。

途中、川に細い橋が架かっていました。

20090906-3.jpg

今まで見た中で一番細い橋です。
丸太の上を少し削っただけ・・・。
バランスをとりながら渡りました。

橋の先には畑があるだけで
特に観光地でもないのですが、
こういうのは気になってしまいます。

落ちずに渡れてよかったです。

そしてまた海側に出ました。

20090906-4.jpg

少し浜を散策。
濃霧注意報だそうです。
そういえば、山側にいたときよりガスっていますね。
昨日も霞んでましたっけ。

波が結構高めですね。
海岸は毎度昆布だらけ。
昨日もそうですが、貝殻がほとんど落ちていないですね。

そして山王岩へ。

20090906-5.jpg

国道に看板が出ていたので立ち寄ってみました。
下の方は土石っぽい感じなので、
いずれ侵食されて倒れてしまいそうですね。

鵜の巣断崖や北山崎に行った後なので
少し物足りなく感じました。
贅沢ですよね。
プロフィール

ハイゼットマン

Author:ハイゼットマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード