FC2ブログ

10月13日 筋肉痛

朝起きたら曇りでした。
そしてすぐに雨。
結構強く降りました。

さすがに起きても身体がだるいです。
かなり歩きましたからね。
なので今日は休憩日。

とりあえず登山で汚れた服を洗濯しました。
コインランドリーで靴も洗うことができましたが
あんまりきれいにならなかったです。
靴は普通に洗ったほうがよさそうです。

洗濯が終わる頃に雨は弱くなってきましたが、
雷が鳴り、たまに落ちていました。
鳥海山方面も雷雲が通過しているようでした。

昨日はいい天気だったのですけどね。
今日が登山の日じゃなくてよかったです。

20091013-1.jpg

夕方頃には晴れてきました。
天気がコロコロ変わりますね。

少しだけ海岸を歩きましたが
やっぱり足がだるいです。

20091013-2.jpg

山に登る前に約束していた焼肉を食べて
一日が終了。
象潟の温泉で身体をほぐして寝ました。

鳥海山アタックの関係で
結局、象潟で4泊。
山は時間がかかります。
スポンサーサイト



10月12日 鳥海山

朝起きたら晴れ。
昨日と違い、風もほとんどなく
鳥海山を見上げると
中腹に少し雲がかかっていましたが、
山頂がポコッと見えていました。


ずいぶん天気がよくなりましたね。
これは行けということかな。
一日待ってよかったな。

早速、5合目まで車で出かけました。
さすがに連休なので、他にも山に登る人がいそうです。
心強いですね。

そして準備を整えて登山開始です。
嫁さんはこんな長距離の登山は初めてとのこと。
今日はよろしくお願いします。

歩き始めると、目の前のV字の渓谷は紅葉の壁になっていました。

20091012-1.jpg

逆光でうまく写らないですが
紅葉が綺麗ですね。
登れば登るほど綺麗なのかなー、と
ワクワクしながら登りました。

さすが連休なので
歩いている人が多いです。
これじゃクマも出て来なさそうですね。

普通の観光地は平日のすいてる時の方がいいですが、
山は休日の方が安心できますね。

ちょっと歩くと霧が出てきました。
濃い霧ではないので歩くのには問題がないですね。
たまに霧がとれて景色が見えたりします。

7合目に到着すると
眼下に鳥海湖という湖が見えました。
霧で見え隠れしていたので写真には写しませんでした。
この頃から気温が低くなり、風が強くなってきました。
防寒着の下にカッパを装着。
そしてタオルで耳あてをして
防寒対策完了です。

強風、薄めの霧、
そして殺風景な平原・・・。

20091012-2.jpg

紅葉を楽しもうかと思って登り始めたのですが
6合目の1,500mを過ぎた頃から広葉樹がなくなり
色の着いた葉っぱが皆無になりました。

まあ、でもせっかく登り始めたので
上の方まで行ってみましょう。

それにしても頂上は遠いですね。
歩いても歩いてもたどり着きません。

そして1,800mを越えた辺りから
周辺の木がすべて氷に覆われてきました。
そういや昨日の夜に結構雨が降ったようでしたので
この標高あたりは雪だったのかな。
晴れの日に登って本当によかったです。

20091012-3.jpg

最初は樹氷だーと喜んでいましたが
全部がこうだと目が慣れてしまって
うれしくなくなります。

さすがにハイキング客がいなくなり
人が少なくなってきました。
ここまでくるとクマもいなさそうですね。

さすがに寒いです。
着こんでいるので身体はなんともありませんが
むき出しになっている顔が冷たいです。

そして山頂が近づいてきた時に
霧がとれて景色が見えました。

丸っこい山の下に山小屋も見えます。
あそこに泊まる人もいるのかな。
寒いんでしょうね。
眠れなさそうです。

それにしてもすごいところまできたなー。

20091012-4.jpg

もう景色も満喫したし、帰ってもいいかなと思ったところで
途中、私達を追い抜いていったおじさんが山頂方面から下りてきて御飯を食べていました。
そして、「もうすぐだから、山頂まで行っちゃえよー」とのこと。
そう言われて少し進むと
小学生くらいの男の子が山頂方面から降りてきました。

嫁さんも、子供が行けるなら大丈夫と思ったようです。
てっぺん方面まで歩くことにしました。

地面は完全に雪。
新雪でアイスバーンじゃなかったので
なんとか歩くことができました。

こんなところをおばちゃんやら子供やらが歩いているのを見ると
本当にすごいなーと思います。

20091012-5.jpg

紅葉を見にきたつもりが
いつの間にか2,200m超えの登山になってしまいました。
振り返ると銀世界。

20091012-6.jpg

雲が下に見えます。
紅葉なんて遥か下の方ですね。

20091012-6-2.jpg

どこが紅葉だかわかんないくらいに下のほうが紅葉です。
登りすぎました。

そして昼ごはん。
おにぎりは凍りそうに冷え冷えです。
嫁さんはお腹がすいたとのことで
パクパクと食べていました。
頼もしいなー。

20091012-7.jpg

うちはさすがにあんまり喉を通らないな。
寒いからかな。

それにしてもよくがんばりました。
えらいぞ嫁さん。

そしてお昼御飯終了で下山です。

20091012-8.jpg

あたりの岩には鳥の羽のような模様の氷がついています。
常に風が強く、寒いのでしょうね。
まさか10月中旬に雪の上を歩くとは思いませんでした。

歩いた分だけ下りなきゃですね。
徐々に疲れがたまってきます。
さすがに足がガクガクです。

駐車場に近づくと、ようやく紅葉ゾーンです。
やっと下りてきました。

20091012-9.jpg

紅葉は5号目の少し上くらいが一番綺麗ですね。
逆光ですが赤と黄色のじゅうたんといった光景でした。
紅葉を楽しむだけなら、山に登らなくても十分ですね。

20091012-10.jpg

そして駐車場に到着。
ハイゼットに再会。
もう、動けません。
往復8時間の強烈な散歩。
温かいジュースを購入し、しばし車でボーッとしました。

たいへんでしたが、一緒に登れてよかったです。
この勢いでいろんな事が乗り越えられるといいな。
本当におつかれさまでした。

これで秋田イベントは終了。
次は山形の方に行ってみようかな。

とりあえず象潟に戻り、温泉に入って身体をほぐしました。
足がとにかくだるいです。
嫁さんも、こんなに足が痛くなるほど歩いたことは無いようで、
さすがに疲れた様子。

ゆっくりと就寝です。

明日は休息日です。
どこにも行かずに、ただ休みます。

10月11日 ちょっと象潟で休憩。

朝起きたら曇り。
夜中は結構雨が降り、風が強かったです。
その風が少し残り気味で、
山も中腹以上は雲の中でしたので
今日は山に登りません。

庄内海岸という砂浜を散歩しました。

20091011-1.jpg

なんだか景色がモヤってるなーと思ったら
風で砂が飛ばされているようでした。
結構吹いていますからね。
波も高めです。

蚶満寺というお寺も散歩。

20091011-2.jpg

ちょっとした庭園がありましたが、
ん~、中には入らなくてもよかったかな。

鳥海山アタックへの休憩日。
ちょっと散歩して、身体を慣らしました。

20091011-3.jpg

夕日が綺麗でした。
明日は晴れ予報。
風も収まってきましたね。

秋田のラストイベント鳥海山も
あした行けそうな雰囲気です。

早めに就寝。

10月10日 鳥海山のふもとまで

朝起きたら晴れでした。
いい天気です。

山側で宿泊したので、海側に移動です。
車で走っていると、遠くに巨大な山が・・・。
鳥海山でした。
こりゃでかいな。

途中、コインランドリーで洗濯をして、
鳥海山の5合目まで車で移動しました
紅葉が見ごろですね。
山の上はずっと霧っぽい雲が覆っているので
日差しがありません。

20091010-1.jpg

朝は見えていた山頂も午前中のうちから
雲がかかり始めてしまいました。
5合目の展望台からは雲しか見えません。
山頂はどのへんなのかな。

翌日以降天気がよければ登ってみようということで
ビジターセンターに立ち寄りましたが、
パンフ的なものが何もなかったので
登山ルートの掲示板をデジカメで写して資料にすることにしました。

20091010-2.jpg

5合目でも寒いくらいですね。
こりゃ山に登ると冷えそうです。

とりあえず今日は登りません。

帰りに元滝伏流水を見に行きました。

20091010-3.jpg

鳥海山からの水がこの辺りから湧き出して
川になっているそうです。
水が冷たかったです。

明日の天気はどうかな。
雨のち晴れという予報のようです。
朝から晴れじゃなかったら登りません。

10月9日 また秋田。

朝起きたら曇りでした。
台風は何事もなかったように通り過ぎ
普通の朝を迎えました。

東北地方縦断コースをたどるような予報でしたが
早いうちに東に曲がっていきましたね。
これなら秋田待機でもよかったかな?
まあ、台風のコースなんてその時にならないとわからないですしね。
とにかく何にもなくてありがたいです。

今日は避難してきた道を秋田まで戻りました。
台風が過ぎたのにスッキリ晴れないですね。
山沿いはたまに雨がパラつく天気でした。

風はそんなに吹かなかったのかな。
落葉も少なめです。
途中、焼石岳の横を通過しましたが、
紅葉が綺麗でした。

栗駒山の高原道路も紅葉していますね。
若干霧っぽかったので写真はとりませんでしたが
どちらも綺麗な山でした。

寒かったので小安峡で休憩。
渓谷を歩くコースがあるようですが
昨日の雨で川が増水して濁っていますね。
紅葉にもちょっと早めのようです。

20091009-1.jpg

とりあえず足湯に浸かろうということになりました。

栓が抜かれてお湯が溜まっていなかったです。
台風の後なので、葉っぱとか掃除するためなのかな。
横にあった栓を閉めて、お湯を溜め
少しだけ足を暖めました。
温泉の温度が少し高めでした。


それでもまだ寒いです。
気温が低めでなかなか芯まで温まらないですね。
途中で泥湯という看板があり、
噴気の出るゾーンが見えてきました。

20091009-2.jpg

「路面が噴気によりやわらかくなっております」とか
「転倒するとやけどのおそれがあります」とか
「蒸気発生のため視界不良」とか
いろんな看板が立っていました。
すごい道路ですね。

小さな温泉街のようでしたので
少し立ち寄って身体を温めました。
泥湯というだけあって、下の方にドロッとしたものが積もって
お湯も濁っています。
出てくるお湯は透明ですね。

20091009-3.jpg

これで芯まで温まりました。
洗い場も何もなく簡素な温泉でしたが
だーれもいなくて、いい雰囲気でした。

近くに噴気の出ている山がありました。

20091009-4.jpg

有毒ガスに注意とあります。
遊歩道があったので、歩こうかと思いましたが、
温泉に入った後なので、湯冷めしそうですからやめときました。
下に池のようなのが見えますね。
あれも温泉なのかな?


また秋田の湯沢まで戻ってきました。
台風避難のロングドライブ終了です。
明日、鳥海山方面に移動したいと思います。

10月6日 乳頭温泉②

朝起きたら薄曇りでした。
時折日差しがあり、まあまあの天気です。
ちょっと前までは雨予報でしたが、
なんだかいい天気が続きます。
台風の進路次第で雨がきそうですね。
風が吹かないといいな。

まずは朝風呂ということで大釜温泉に入っていたら
途中で団体さんがたくさん入ってきました。
どうやら田沢湖高原に泊まっているお客さんが
朝、乳頭温泉にちょっと入りに来るようです。

大釜温泉はバスの回転スペースや待機場所があるので
朝一番は混むようです。
団体さんと入れ替わりに大釜温泉を出ました。

そして少し奥の蟹場温泉へ。
こちらもこじんまりとした静かな宿ですね。
日帰り客もぜんぜんいませんでした。
まずは露天風呂の方に行ってみました。

20091006-1.jpg

湯の花がふわふわと浮いて
少し硫黄臭の強めな露天風呂ですね。
朝からのんびりできて気持ちよかったです。
ここは混浴なのですね。
しばらく入っていたら年配の夫婦がやってきたので
入れ替わりに温泉を出ました。

内湯も見に行きました。
入ろうかと思いましたが、露天風呂と離れていて
もう一度着替えるのがわずらわしかったので
見るだけにしました。

20091006-2.jpg

20091006-3.jpg

木の風呂と石の風呂がありました。
どちらもそんなに大きくはなかったですが
いい雰囲気のお風呂でした。

5件目の蟹場温泉はこれで終了。
少し車を走らせて、離れた場所にある鶴の湯へ。

20091006-4.jpg


ここは昨日の月曜日が露天風呂清掃の日で
今日にずらした温泉です。
まずは露天風呂に行きました。

20091006-6.jpg

20091006-7.jpg

女性は専用の露天風呂があるのですが
男性は混浴しかなく、何かと丸見えです。

ん~、結構人が歩くので
少し落ち着かないな。
適当なところで露天風呂を出て、内湯に移動しました。

20091006-5.jpg

黒湯と白湯というのがあり、
泉質が違うようです。
見た感じ、色は一緒のようでした。
内湯はかなり狭いですね。
人がほとんどいなかったので、よかったですが
数人入ったらパンパンでしょうね。

鶴の湯は露天風呂を楽しむ温泉といったところです。

最初は人がほとんどいなかったのですが
徐々に人が増えてきました。
人気の温泉のようですね。
これで6件目の鶴の湯が終了です。

最後の7件目は休暇村乳頭温泉郷。
結構立派な宿泊施設で、ひなびた感じは全くない
綺麗な施設でした。

20091006-8.jpg

内湯は乳頭の湯と田沢湖高原温泉の2種類の湯船がありました。
乳頭の湯のほうがぬるかったのでそっちでゆっくり。
誰もいなかったので、しばらくボーっとしていました。
普通のホテルっぽい施設なので
洗い場とかがしっかりしていました。
乳頭温泉郷っぽくない感じかな。

外に出ると露天風呂もありました。
お湯は青白く、硫黄臭がしたので
田沢湖高原温泉の方のお湯なのかな。

20091006-9.jpg

お風呂をあがると鼻の頭がテカテカのツルツルでした。
入りすぎたかな。

この湯で乳頭温泉郷めぐりはおしまいです。
2日間で7つの温泉を全部巡りました。
湯めぐり帖のスタンプもすべて捺印。
温泉三昧の2日間でした。

10月5日 乳頭温泉①

朝起きたら薄曇りでした。
時折日が差す感じで、いい天気です。
今日は乳頭温泉に向かいます。

途中、道路脇に茶たての清水という看板があり
水が湧き出ているところがありました。
地元の人がタンクに水を汲んでいたので
おいしい水なのかな。
でも生水では飲まなかったです。

その清水でタオルを濡らして
ハイゼットを少し拭きました。
ろくに洗車もしてあげてないですからね。
おいしい水で拭いてあげたので
少しは喜んでくれたかな。

乳頭温泉に向かう途中に
ピンク色の花が咲いている場所がありました。

20091005-1.jpg

車を止めて見てみると
ソバの花との立て札がありました。
白い花だけじゃないのですね。
花の形も白い花とは少し違いました。
嫁さんは白い方の花が好みのようです。

そして乳頭温泉郷に到着。
早速、湯めぐり帖を購入しました。

20091005-2.jpg

1冊1,500円でした。
日帰り入浴だと1件500円~1,000円だそうなので
高いところを選べば2件風呂に入れば元をとれますね。
全7件制覇するぞ。

最初、鶴の湯温泉に向かいました。
途中、砂利道でハイゼットが早速汚れてしまいました。
また拭いてあげなきゃだな。

鶴の湯に到着すると、
月曜日は露天風呂が清掃日という看板が出ていました。
あらら。
明日は大丈夫とのことなので、
今日のところは引き返して、黒湯温泉に行きました。

20091005-3.jpg

宿泊客と日帰り入浴の人は場所が違うのですね。
日帰りの方は50m先へと書いてあったので
そっちの方へ歩きました。
周辺には温泉がポコポコ湧いていて
硫黄臭が結構しました。

20091005-4.jpg

ポツンと温泉施設があったので入りました。
脱衣所と湯船が近く、比較的小さい施設でした。

中は内風呂と露天風呂がありました。
洗面台やシャワーなども無く
本当にササッと湯につかるだけという温泉でしたが
木の湯船には湯の花が着き、雰囲気のいい温泉でした。
誰もいなかったので写真を撮ろうかと思いましたが
ここの温泉は内部の写真撮影はダメと書いてあったので
写しませんでした。

黒湯温泉を出て少し先に移動すると
孫六温泉が見えてきました。

20091005-5.jpg

紅葉が綺麗ですね。
遠くに見える秋田駒ケ岳も黄色く色づいています。
ここの温泉は一番奥地で不便だからなのか
少し小さめです。
秘湯っぽい温泉宿ですね。

中に入ると内湯が一つありました。

20091005-6.jpg

源泉がチョロチョロと流れ込んでいて
かなり熱かったです。
外に出ると露天風呂が2つありました。
やっぱり露天風呂が涼しくて気持ちいいですね。

20091005-7.jpg

秋なので落葉が結構浮いています。
まあこれはこれで風情があっていいのかな。
打たせ湯もやってみました。

20091005-8.jpg

これで2件入りました。
あっという間に午前が終了。
一旦、昼ごはんを食べました。
ゆっくり入ると結構時間がかかりますね。
湯めぐりって1件あたり何分ぐらいが普通なのかな。

そして次は妙乃湯。
人気の宿らしく、立派な造りでした。

20091005-9.jpg

木造りの内湯と寝湯がありました。
内湯と寝湯は温泉の色が違いました。
1件の宿に違う源泉があるのかな。

川沿いには露天風呂がありました。
こちらも湯船が2つあり、
湯の色が違っていました。

20091005-10.jpg

混浴のようですが、誰もいなかったので
独り占めでした。

20091005-11.jpg

ここは日帰り入浴が1,000円と、少し高めです。
宿も予約がいっぱいのようですね。
確かに綺麗に整った温泉でした。
ここは明日の火曜日が定休日のようでしたので、
今日入っておきました。

温泉ばっかり入っていたので
少しだけ散歩しました。
秋なので歩いても涼しいですね。
紅葉も綺麗で楽しく散歩できます。
でも下手すると湯冷めしそうですね。
散歩する時もちゃんと上着はおらなきゃ。

そして本日の最後は大釜温泉。
これで4件目です。

20091005-12.jpg

日が落ちて冷えてくると
温泉が特に気持ちいですね。
体が温まります

乳頭温泉三昧の一日でした。
明日は残りの3件を巡ってみようと思います。

10月4日 角館

昨夜は月が綺麗でした。
満月でしたっけね。

夜寝る前の気温が9度。
朝起きたら9度。
起きた頃はすでに日差しがあったので、
もう少し下がったのかな。

朝は天気がよかったです。
今日は角館を見物。
小京都との看板がありました。

20091004.jpg

車を降りて通りを散策。
桜の名所なのですね。
道の脇は桜の木がたくさん生えています。
枝垂桜が多いですね。

紅葉にも少し早いので
今頃がちょうどオフシーズンなのかな。
でも、日曜なので少し人が多めです。

樺細工が有名なようで
伝承館があったので入ってみました。

20091004-2.jpg

桜の皮を貼って磨いた工芸品がたくさんありました。
中では加工の実演をしていたり
樺細工で装飾された部屋などがありました。

木の皮を使うのって珍しいですね。
普通剥いで捨てちゃう部分ですからね。
木の風合いと光沢が綺麗でした。

そして武家屋敷を見学。

20091004-3.jpg

有料で中まで入れる屋敷と
無料で中まで入れない屋敷がありました。
じゃあ、一応無料の方で。

嫁さんは屋敷よりも
庭に落ちている栗やクルミに夢中。
でかい栗を拾っていました。

そしてお昼はがっこ懐石。

20091004-5.jpg

漬物やら漬物入りのタマゴ丼やら
きりたんぽのお吸い物やらと結構な量でした。
お腹いっぱいです。

食後の散歩ということで
もう1件武家屋敷を見学。

20091004-6.jpg

秋田の小京都をちょっぴり散策でした。

途中、雨のパラつく時間帯もありましたが
昼を過ぎて、また晴れっぽくなってきました。
天気予報は曇りのち雨だったので
どうなることかと思いましたが
普通に散策できてよかったです。

明日は少し天気が良さそうなのかな。
最近予報がコロコロ変わりますね。
不安定な予報なので予定がたてにくいです。

明日は乳頭温泉に行ってみようかな。

10月3日 田沢湖

昨日の雨も夜には小降りになり
朝起きたら曇りでした。

田沢湖方面に向かうことにしました。

途中の道の駅でハタハタの弁当を購入。
どぶろくプリンも買いました。

途中雨がザーッと降る時間帯がありましたが
田沢湖に着く頃には天気がよくなってきました。
湖のほとりでさっき買った弁当を食べました。

風が強めで寒かったですが
おいしかったです。

20091003-1.jpg

湖を車でグルッとまわりました。

田沢湖を歩くイベントが開催中のようで
歩行者がすごく多かったです。

水が青く透き通っていて
綺麗な湖ですね。

20091003-2.jpg

天気予報がイマイチでしたが
晴れてよかったです。

田沢湖のすぐ横が岩手県の雫石なので
宿泊は慣れ親しんだ雫石で。
なんだか岩手や青森の方が
秋田よりものんびりした感じで落ち着きます。

お風呂は橋場温泉でした。
もう3回目かな。

10月2日 風呂のみ。

朝起きたら曇りでした。
昨日までは天気がよかったのに
一気に悪くなりましたね。

天気予報が雨なので
特にどこも行く予定はありません。

とりあえず道の駅を巡ってスタンプ捺印。
途中で雨が降ってきました。
予報通りですね。

コインランドリーで布団等を洗濯しました。
洗濯中に地元の方に少し話しかけられました。
長く旅行してることを知ると
結構びっくりされますね。

洗濯が終わって森岳温泉というところでお風呂にしました。

20091002.jpg

洗濯して温泉に入っただけの一日でした。

10月1日 男鹿半島

朝起きたら晴れでした。
夜は結構冷えましたね。
最低気温が7度台だったようです。
そりゃ寒いよな。
日本海側にきてから霧が出ないですね。
朝からバッチリ日差しでした。

男鹿半島へ向かって走り、
まずは寒風山という山に行きました。
木がほとんど生えていないですね。
遠くからでもツルッとしているのが確認できました。

20091001-1.jpg

南の方には鳥海山が薄っすら見えていました。
高い山だなー。
東を見ると、昨日宿泊した八郎潟方面が見えました。
田んぼだらけなのですね。
夜に入ったので、道がやたらと真っ直ぐだなーとは思ったのですが
田んぼかどうかは分からなかったです。

そして芝生状態の寒風山をプチ登山。
なんだか芝生の丘を登るだけといった感じですけどね。

20091001-2.jpg

最後の傾斜はまあまあキツかったですが
あっという間に登山終了でした。
そこそこいい運動になりました。
木が無いので見通しがいいですね。

20091001-3.jpg

頂上には回転するという展望台がありましたが
中には入らなかったです。
風が少し冷たかったですが
登山の後だったので、風が気持ちよかったです。

その後海沿いに出て、入道崎に行きました。
少し散歩して、ここで昼ごはんにしようと思ったのですが、
時間がまだ早かったので
男鹿真山伝承館に移動して、なまはげの実演を見ました。

20091001-5.jpg

平日なのですいていました。
私たちのほかに見学者は1組だけ。
茅葺の家の中で待っていると、なまはげがバーンと戸を開けて入ってきました。
すごい迫力ですね。
薄暗い部屋だったので、ぶれてうまく写真に写らなかったです。

なまはげ館には各地区のなまはげが何十体も立ち並んでいました。
少し怖いくらいでした。
写真撮影は可能でしたが、ネット等には載せないで下さいとあったので
画像は無しです。
そして実際に各家庭に入る本物のなまはげの映像が流れていました。
こういった風習が残っていることがすごいな。

嫁さんはなまはげに大満足。
もう、男鹿に思い残すことはないようです。

そして入道崎に戻って昼ごはん。
私は石焼定食。
魚貝類が入った桶に焼けた石を入れて煮る定食でした。
嫁さんはウニ丼。
豪華な昼ごはんでした。

午後は特にどこにも移動せず、
入道崎をずっとプラプラ散歩。

20091001-6.jpg

海上はベタ凪ですね。
日本海のイメージとかけ離れた穏やかさです。
水に触ると水温も高く、泳げそうなくらいでした。
水も澄んでいて、ものすごく綺麗な磯でした。
岬は芝生でしたので、歩いたり、寝転がったり
のんびりした午後でした。

そして入道崎ジャンプ。

20091001-7.jpg

いつもは丸く飛ぶのですが、
今日は少し伸び気味です。

灯台がゼブラカラーですね。
灯台は中に入れて上まで上がれるようでしたが、
岬散歩で満足して入りませんでした。
空も海も綺麗だったな。


そして今日のお風呂。
男鹿温泉のなまはげ湯。
源泉かけ流し100%の温泉で、
パイプからブシュブシュとお湯が飛び出していました。
内湯はなまはげの口からお湯がビュービュー出ていて
その光景を嫁さんが笑っている声が聞こえてきました。

20091001-8.jpg

ランダムにお湯が飛び出します。
直に浴びると少し熱めです。
油断して近づくとズバッと打たれます。
嫁さんは試しに顔面に打たれてみたとのこと。
毎度やるなー。

20091001-9.jpg

今日もいい天気の一日でした。
明日から天気予報が悪そうですね。
道の駅でも巡って、洗濯でもしようかな。
あと、写真も現像しなきゃ。

9月27日 比内で鶏

朝起きたら晴れでした。
夜、少し寒かったので
朝は冷えるかなーと思いましたが、
さほど冷えず、日差しがあって暑かったです。
久しぶりに霧じゃなかったな。
秋田側だからなのかな。

日本海側にでるべく
少し移動しました。

途中で比内という地区を通りました。
あの比内地鶏の比内なのですね。
前沢牛の前沢と同じく、気付かずに通り過ぎてしまいそうなところでした。
でも、逃しません。

道の駅に併設されている、れすとらん比内どりで昼食です。

20090927-1.jpg

から揚げと焼き鳥。
そして寿司も食べました。

20090927-2.jpg

どれもおいしかったです。
トンブリも名産ということで、それも食べました。
比内満喫の昼食。
お腹いっぱいです。

少し歩こうかと思いつつ
お散歩ポイントを探しましたが
いい場所がなかったです。

じゃ、お風呂にでもと思って
温泉に移動すると
近くに滝がありました。
道路脇だったのでほとんど歩きませんでした。

20090927-3.jpg

ガロウの滝でしたっけね。
字を忘れてしまいました。

看板を見ると近くに白糸二段の滝があると書いてありました。
車を走らせると砂利道・・・。
白神ラインを思えば屁でもないのですが、
ちょっと道が悪かったです。

20090927-4.jpg

到着してみると、白糸の滝の立て札の脇に
小さな滝がチョロチョロと・・・。
写真は撮らなかったです。

湯の沢温泉というところで
お風呂にしました。
ほんとに毎日温泉ばっかりです。

そういえば道の脇に白神山地とか
世界遺産とかの看板が多いなーと思ったら
このあたりは白神山地への南側の登山ルートなのですね。
向こうの山々が白神山地なのかな。

20090927-5.jpg

この前は北側から眺めましたが
今日は南側から。


少し走って海側の能代まできました。
明日はちょっとだけ青森側に戻って
十二湖へ行ってみたいと思います。

曇りのち雨予報ですね。
晴れなきゃ晴れるまで待とうかな。

9月26日 秋田へ

朝起きたら晴れっぽかったです。
若干霞気味でしたが、いい天気になりそうでした。

八幡平へ上る道を通るのも、今日で3日目。
道が分かるので、スイスイ上れます。
土曜日なのですね。
紅葉と重なって結構車が多めです。

この道路も今日でおしまい。
紅葉が綺麗な道でした。

20090926-1.jpg

山頂手前までくると
昨日登った茶臼岳が見えてきました。

昨日は霧で山頂が霞んでいましたが
今日はよく見えます。

20090926-2.jpg

ん~、結構高い山だったな。
登山好きな人に言わせればたいした高さじゃないのでしょうけどね。
素人には十分です。

山頂で岩手県から秋田県に入りました。
さようなら岩手県。
楽しかったです。

八幡平を秋田側に下りながら
途中で車を止め、
後生掛温泉の奥の遊歩道を歩きました。

泥火山との看板があったので行ってみました。
途中の遊歩道にロープが張ってあり通行止でした。
迂回路からグルッとまわって泥火山へ。

20090926-3.jpg

蒸気が泥を少しずつ吹き上げて
火山上の形になっているようです。
規模の大きさでは日本一と書いてありましたが
そんなに大きなものではなかったです。

てっぺんでポコンポコンと泡が爆ぜて
泥が飛んでいましたが、写真には写らないですね。
また少し歩くと大湯沼というところに着きました。

20090926-4.jpg

蒸気がモクモク上がり
泥火山が何個もできていました。

沼も散策路も終始蒸気が上がり
ずっと硫黄臭がしていました。
吸い過ぎても体によくないのかな?
それとも温泉効果で体に良いのかな。


散歩終了で今日のお風呂に出かけました。
ガイドブックに載っていた玉川温泉にしました。
名湯とのこと。

どんな感じなんだろうと思いながら
駐車場に着くと車が満車状態。
さすが土曜日ですね。
こりゃ湯に浸かれないくらい混んでるのかな・・・。
もし、入れなかったらササッと浸かって出る予定でした。

中に入るとヒバ造りの広い浴室で
車の多さほど混んでいなかったです。
打たせ湯やら寝湯などがあり
それなりに堪能しました。

強酸性の湯なのですね。
源泉100%の湯に入ると、体がピリピリしました。
なんだか背中がかゆかったです。
でも、かいたら余計にしみるだろうし・・・。
ジッと我慢しました。

温泉を出て、少し周辺を散策。

20090926-5.jpg

大噴という場所から湯がドバドバ出ていました。
単一の湧出口からの湧出量としては日本一なんだとか。
そりゃすごい量ですね。
遊歩道はどこも蒸気と硫黄臭もものすごいです。
長くいるとやばそうなくらいでした。

地熱ゾーンではゴザを敷いて岩盤浴をしている人がたくさんいました。
日差しが強く、地熱と太陽熱のサンドイッチですね。
暑くてバテそうです。

20090926-6.jpg

真似して岩盤浴・・・。
とは、いかない熱さですので、岩の上で記念撮影。

20090926-7.jpg

せっかく温泉で汗を流したのに
汗だくになってしまってはしょうがないですからね。

とにかくガスがブシュブシュ出ていて
すごい場所でした。

20090926-8.jpg

なんだか一日中硫黄の臭いを吸っていた気がします。
明日からは普通の空気をたっぷり吸わなきゃですね。

そして八幡平ゾーンも終了。
いい天気の一日でした。

鹿角市まできました。
少しずつ海側に移動していこうと思います。
プロフィール

ハイゼットマン

Author:ハイゼットマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード