FC2ブログ

12月6日 越後湯沢

朝起きたら雨でした。
ラジオを聞くと東京は晴れだとか。
日本海側はこの時期しょうがないんでしょうけど
ぜんぜん晴れないですね。

少し洗濯しました。

朝の雨はすぐに止み
その後は曇りの天気。


そして洗濯後に越後湯沢へ。
リゾートマンションやホテルが立ち並び
新潟の山奥とは思えないような場所です。
山肌にビルが見えると少し異質ですね。
電車の駅もスキーのリフトに直結で
まさにスキーリゾートの町といったところです。


今は紅葉シーズンも終わり、
スキーシーズン前で、町が静かですね。
日曜日と思えないくらいでした。

もうすぐ雪の季節ですね。
賑わうんでしょうね。

温泉に入りました。

20091206.jpg

道沿いに看板が出ていたので
駒子の湯というところにしてみました。

町営の温泉で値段も安めでした。
他にも町営の温泉が何件かあるようです。

20091206-2.jpg

日曜なのにそんなに混んでいないです。
スキーシーズンなんかは入っていられないくらい混むのかな。
お得な湯めぐりチケットも販売されていていましたが
1件で十分なので購入しませんでした。

ホテルの温泉や駅の温泉は値段が高いですね。
リゾート地価格といったところでしょうか。
やっぱ町営がいいですね。

そして新潟県終了。
これで東北と新潟は終わりです。

雪だと動けなくなっちゃいますからね。
スポンサーサイト



12月5日 少し散歩。

朝起きたら曇り。
毎度すっきりしませんね。

新潟市内の海岸沿いを少し散歩。
海の近くは洋風な場所でした。

20091205.jpg

風が少し強めで寒かったですが
雨が降っていないので
歩きやすかったです。

近くに教会がありました。

20091205-2.jpg

立派な建物ですね。
中も自由に入れますとの事でしたので
すこしのぞいてみました。

20091205-3.jpg

ステンドグラスが綺麗でした。
内装も立派ですね。
教会内は静かにという事だったので
静かな気持ちで見学しました。

普段入る機会のない場所なので
新鮮な感じでした。
普通に本を読んでいる人も座っていました。
こうやって自由に使える場所なのかな。

天気が悪い日が多かったので
こうやって歩くのも久しぶりな気がします。
地元の人も運動不足気味なのかな。


そして、へぎそばを食べました。

20091205^4

そば粉のつなぎにフノリを使っているとかで
少し緑色っぽいそばでした。
こしが強く、歯ごたえのあるそばです。
ソバの香りより、海藻の香りの方がしますね。
おいしかったです。

じょんのび温泉というところでお風呂にしました。
少し茶色っぽいお湯で、少しすべすべしました。


夕方前から雨になりました。
本当に天気が不安定ですね。
ぱっと晴れないなー。

12月4日 松之山、棚田

朝起きたら雨でした。
それでもチョイチョイ晴れ間が見えたので
少しでかけてみます。

走り始めると晴れたり曇ったり
まあまあの天気ですね。

松代というところの棚田マップが道の駅にあったので
少し田んぼを見てみます。

まず星峠の棚田を見に行きました。

20091204-1.jpg

もう刈り取りが終わって稲は無いですが
田んぼに水が張られていました。
ちょうど晴れてきたので
空が写って綺麗でした。
毎度ながらこんな田んぼじゃ作業がたいへんでしょうね。

次に儀明の棚田を見に行きました。

20091204-2.jpg

こちらは国道沿いでした。
どこの田んぼも水が張られているのですね。
パンフの写真は春で、桜が咲いていましたが
今の時期に花は無いですね。
春は綺麗なんだろうな。

そしてすぐ近くにある蒲生の棚田に行きました。

20091204-3.jpg

畑の主の方が作業をしていました。
やっぱりこの斜面じゃ車を入れるのもたいへんですね。
維持するのも難しいんでしょうね。

棚田見学を終えて温泉に行きました。
松之山温泉の温泉街に入り
日帰り入浴施設の鷹の湯に入りました。

20091204-4.jpg

おじいちゃんでいっぱいかなと思い
受付で混み具合を聞くと
すいてるから入ってってよ、とのことでした。

20091204-5.jpg

入ったらガラーンとしていました。
こういうとこって平日でもたいがいお年寄りの方が多いんだけどな。

外には露天風呂もありました。

20091204-6.jpg

松之山温泉は日本三大薬湯のひとつなんだとか。
確かに変わったにおいがしますね。
塩分も混ざっているようです。
少し熱めでしたが、いいお湯でした。

お風呂あがりに少し散歩。
温泉の近くに美人林というブナの林がありました。

20091204-7.jpg

見渡す限り一面ブナで
白っぽい幹の色と、落ちた茶色の葉の色だけが
視界にずっと広がりました。

紅葉の時期とか新緑の頃も綺麗なんでしょうね。
雨で歩く機会が少し少ないので
ちょっと散歩できるだけでも気分がいいですね。

ちょうど冬支度で公衆トイレが閉鎖になり
クマ出没注意の看板が撤去されている最中でした。
どこも観光終了モードですね。

数日間、栃尾、魚沼、山古志近辺をうろうろしましたが
中越地震の震源地あたりなのですね。
パンフにもここが震源地という場所が載っていたので
見に行ってみたりしました。
パッとみでは復興しているようで、
地震の痕跡は少ないように思えましたが
たいへんだったのでしょうね。


天気がコロコロ変わる一日でした。
近頃、虹を見る日が多いです。
それだけ不安定な天気の日が多いということですね。

なかなかぱっと晴れないな。

12月3日 石川雲蝶

朝起きたら曇り。
天気はイマイチですね。

永林寺と西福寺の2箇所を巡ってみることにしました。
新潟の観光パンフにすごい彫刻の写真があったので
どんなもんだか確認です。

20091203-1.jpg

永林寺に入ると欄間に見事な彫刻がありました。
石川雲蝶という彫刻師の作品だそうで
彫りの深さや色合いも見事でした。
写真撮影禁止との事で画像は無しです。

次に西福寺へ行きました

20091203-2.jpg

石塔と像がある門がありました。
これも雲蝶作だそうです。

茅葺の大きな建物がありました。

20091203-3.jpg

建物の上にさらに屋根が組んであり
この建物を守っているような造りになっていました。
この中の天井にパンフに載っていた彫刻があるようです。

そして中に入り廊下を進みました。

20091203-5.jpg

こちらも写真撮影はここまで。
天井の彫刻は撮影禁止でした。

実際見てみるとどちらの寺の彫刻も
ものすごく綺麗なものでした。
ガイドブックには載っていませんでしたが
地元のパンフに書いてあったおかげで
いいものを見ることができました。

そして湯之谷温泉郷へ。
旅館で温泉にしようかと思いましたが
ユピオという立ち寄り施設があったので
そこにしました。

20091203-6.jpg

そんなに大きくもない普通の施設で
誰もいなかったです。

出るときにおじいちゃんが入ってきて
いつもすいてるよ、とのこと。
ゆっくり入ることができました。

そして雨が降ってきました。
なかなかいい天気にならないですね。

12月2日 佐渡を出る。

昨夜は雷雨でした。
日中がすごくいい天気でしたので
天気の急変に驚きました。

朝起きたら小雨。
そして雨が止み、晴れてきました。

今日は佐渡を出ます。
やっぱり春の花が咲く頃が観光にはいいようですね。
11月に入ると全体的に冬支度のようです。

そして両津港からフェリーに乗ります。
おおさどの前がガバッと開いていますね。

20091202.jpg

ハイゼットで乗り込みです。
2時間半の船旅。
帰りもほとんど揺れず、
凪の帰路でした。

そして新潟に戻ってガソリン補給。
島のガソリンは高いですね。
満タンにしていって、ギリギリまで走りました。

そして洗濯もしました。

そういえば佐渡も国道沿いに1件コインランドリーがありました。
まあ、日程があわなかったので使用しませんでしたけどね。

トキは見かけなかったな。

12月1日 佐渡 ②

朝起きたら晴れ。
いい天気になりました。
今日は佐渡の南の方へ行ってみます。

まず妙宣寺の五重の塔を見に行きました。

20091201-1.jpg

立派ですね。
島にこんな立派な塔があるなんてびっくりです。
当時から建築技術があったのですね。

お寺の庭自体も手入れされていて
すごく綺麗でした。

そして内陸の道路を通って南に進みました。
途中、梨の木地蔵という看板がありました。

20091201-2.jpg

小さなお地蔵さんがズラッと並んでいます。
願いが叶った時に、自分の身代わりとしてお地蔵さんを置くそうです。
そういうことなら並べば並ぶほど幸せということですね。
どんどん増えるといいですね。

そして海側に出ました。

20091201-3.jpg

凪ですね。
橋の架かった島があったので、少し散歩。
エチゼンクラゲが何匹かいました。
でかいですね。
実物を見るのは初めてでしたが
とにかく大きくて不気味でした。

この湾でたらい船に乗れるようなのですが
11月上旬で冬季休業との事でした。

その後海沿いを西へ。
岩屋洞窟という穴がありました。

20091201-4.jpg

周辺にはお地蔵さんが何体も飾られていて
奥行きはそんなに無く、少し進むと行き止まりでした。
洞窟の中は何か人がこもって集会を開くような場所になっていました。
こんな暗い中で神事とかやるのかな。

そして宿根木の町へ。

20091201-5.jpg

車を止めて歩くと
狭い路地に家が密集していました。
川が流れていて、そこで野菜とかを洗うようです。
洗ったあとの大根が置いてありました。

それにしても狭い路地ですね。
屋根に石を並べておいてある家もありました。
風で屋根が飛ぶのを押さえているのかな?
当時はほとんどの家に石が並んでいたそうですが
今は屋根に石を並べている家は少なめです。

20091201-6.jpg

路地脇で立替工事中の家がありましたが
狭いので作業がたいへんそうです。

船大工が船板と船釘で建てた家だそうで
洒落た飾り細工などが付いている家もありました。
生活するのは大変かもしれませんが
いい町ですね。

そして千石船「白山丸」を見学。

20091201-7.jpg

当時、宿根木で建造された木造船を
実物大で復元したのだそうです。

中にも入ることができたのですが
とにかく大きいです。
よくこんな大きな船を復元したなーと感心します。
それより、当時の人達が道具や材料も無いような時代に
これと同じものを造っていたことに驚きです。

石工や大工の人がたくさんいた島なのですね。
そういえば神社の鳥居も石で、宿根木の橋も石でした。


その後、海側を走ると
実際にたらいみたいな船で漁をしている人がいました。

20091201-8.jpg

さすがに手漕ぎじゃなく、
モーターが付いたタライですね。
あの丸い形で作業しやすいのかな?
保管の場所はとらないですが、乗りにくそうです。

それにしてもいい天気ですね。
波も無く、タライ日和です。

そして小泊にある神社に立ち寄りました。

20091201-9.jpg

石臼塚というのがありました。
使用済みの石臼がたくさん積まれています。
かつて石工で栄えた町なのだそうです。
金山があったくらいなので
石を掘る職人が多かったのでしょうかね。

ずっと晴れの一日でした。
明日は新潟に戻ります。

11月30日 佐渡 ①

朝起きたら晴れ。
予報は曇りでしたがいい天気でした。
海岸沿いを北の方に進みました。

夫婦岩というのがありました。

20091130-1.jpg

夫婦岩って、色々な観光地にありますね。
凪なので岩が水面に写るくらいです。
日本海なのに穏やかですね。

次に佐渡金山方面に向かいました。

20091130-2.jpg

金山の名残っぽい大きな廃墟がありました。
採掘していた頃の建物だろうなーと思いましたが
特に看板とかは立っていませんでした。

そして佐渡金山へ。
中に入るとひんやり寒かったです。
まあ、こんな時期なので
外と変わらないくらいの寒さですけどね。

20091130-3.jpg

江戸時代に掘られたという手堀りの坑道を進むと
随所に当時の様子を再現した人型ロボットがありました。
ん~、少し不気味ですが
当時の採掘の大変さがすごく分かりやすく説明されていました。

資料館には金の延棒が箱に入っていて
穴から取り出せたら記念品を差し上げますと書いてありました。
重い・・こりゃ立てるだけで精一杯です。

20091130-4.jpg

穴から出すには指の力だけで延棒を真横にしなきゃですね。
10kg以上ありましたので、無理です。

次に新しい方の坑道に入りました。

20091130-5.jpg

こちらは平成元年までトロッコが走っていたという事で
比較的新しい坑道でした。
江戸の頃と違い、機械や発破でガンガン採掘したそうです。

20091130-6.jpg

道遊の割戸の真下という案内板がありました。
ここが山が2つに割れて見えるくらい採掘された
金の宝庫だった場所ですね。
その辺の石にも金が入っているのかな。

そして地上に出て道遊の割戸を見に行きました。

20091130-7.jpg

開山当初から採掘された古い鉱区で
垂直に切り立つくらいに掘られていて
大きな穴もありました。
昔は手掘りだったんですよね。
山1個、削っちゃう労力ってものすごいな。
周辺の地下はおよそ400kmもの坑道が掘られているそうです。
400kmって・・・。
ありの巣状態ですね。
地震とかきたらベコッと沈んじゃいそうで怖いです。

20091130-7-2.jpg

そして道遊の割戸ジャンプ。
そういえば佐渡金山に入る前に見た廃墟は
浮遊選鉱場跡と写真パネルに書いてありました。
でかい工場だったのですね。

そういえば係りの方が、割戸方面への観光は
11月いっぱいで冬支度により終了だといっていました。
今日が割戸を近くで見られる今年度の最終日だったようです。
危なかったなー。
明日金山にしてたら見られないところでした。

金山を出て、北の方へ走りました。
綺麗な海岸線ですね。
海の水も澄んでいました。
天気は徐々に悪くなってきてしまいました。
まあ、曇り予報なのでしょうがないですね。

大野亀という岬が見えてきました。
カンゾウの花が咲く頃は一面黄色になるそうですが
今はこんな時期なので殺風景です。

20091130-8.jpg

ちょっと上ってみました。
結構な急斜面ですね。
土がむきだしの歩道で少しすべる感じです。
注意しながら上ると
てっぺんに灯篭のようなのが立っていました。

20091130-9.jpg

海岸線が一望できますね。
曇りで残念ですがいい景色です。
通ってきた道が下に見えます。
足元がすくみそうですね。

20091130-10.jpg

北の方には二つ亀という島も見えています。
うちら以外に誰もいないですね。
今日はどこも貸しきり状態です。
公衆トイレもあちらこちらで鍵がかかっていました。
もう冬なのですね。

そういえば佐渡スカイラインも冬季通行止
もう1本の山越えルートも冬季通行止でした。
そりゃ観光客も減りますよね。
いける場所自体が少なくなってきています。

明日は晴れそうかな。
まあ、予報なんてどんなもんだか分かりませんが
南の方をまわってみたいと思います。

11月29日 佐渡へ

朝起きたら曇り。
なんだか天気がよくないですね。
週間予報もずっとイマイチです。

佐渡へ渡ってみることにしました。
新潟の港へ行き船の金額や時間を確認して
少しそれまでの間、時間をつぶすことにしました。

どうやら朱鷺メッセという港の横の施設で
新潟うまさぎっしり博というのが行われるようで
人がゾロゾロとやってきて
すごい列になっていました。

20091129-1.jpg

少し覗いてみました。
新潟各地の食べ物がそろっていました。
うまさもギッシリなのでしょうが
なにより人がギッシリです。
ちょっと食べるにも並ばなきゃですね。

20091129-2.jpg

外のブースに各地域の観光PRコーナーもあり
佐渡のブースでパンフをもらいました。
立ち寄ってよかったな。

そして乗船。

20091129-3.jpg

凪ですね。
ほとんど揺れません。
船の内装なんかも立派ですね。
2時間半の快適な船旅でした。
土、日、祝、出発の往復5日以内なら特別割引があるとやらで
少し安かったです。

明日は島の北の方を回ってみようとおもいます。

11月28日 新潟駅

昨夜は雨でした。
朝起きたら曇り。
雨は止んでいましたが、天気がよくないです。

冬の日本海側は晴れないのですかね。
週間予報も曇りと雨ばかりです。

少し洗濯しました。
その後、新潟駅に行ってみました。
仙台駅のような賑やかさは無いですね。

市内は道がすごく混んでいますね。
車がなかなか流れません。

駅ビルに新潟の酒がズラッと並んでいました。

20091128-1.jpg

全部で送料込み15万円だとか。
酒好きにはたまらないラインナップなのかな。
お酒は飲まない方なので、そそられませんが
ラベルや瓶が綺麗ですね。

そして駅弁を買いました。

20091128-2.jpg

海の幸系ですね。

11月27日 新潟ワイン

朝起きたら霧。
天気は晴れだか曇りだか
よく分かりませんでした。
気温は少し高めでしたかね。
そんなに冷え込みませんでした。

福島を出て新潟方面へ移動です。

49号線で新潟県にに入ると
日本一の巨木という看板がありました。
どれどれという事で見に行ってみました。

20091127-1.jpg

看板には将軍杉と書いてありました。
幹まわりが19m31cm、高さ40mとあります。
日本一と書いてありますが、縄文杉より太いのかな?
樹齢は1400年とあったので、縄文杉よりは若そうです。

でかすぎて写真に収まらないですね。
縄文杉よりは若くても、かなりの老木です。
やっぱり蘇生治療がされていました。
老木は皆さんたいへんですね。

そして木の近くにお堂がありました。

20091127-2.jpg

平等寺薬師堂と書いてありました。
茅葺で感じのいいお堂ですね。
出羽三山神社ほどの厚みはありませんが
立派な茅葺でした。
重要文化財だそうです。


少し新潟市内側に移動して、道の駅で少し休憩していたら
店のおじさんが、459号線を進むと赤湯温泉といういい温泉がある、と
すばらしい情報をくれましたが
今日はちょっと予定があるのでそこの温泉にはいけません。
情報提供ありがとうございました。

そして道の駅の前に大きなイチョウがありました。

20091127-3.jpg

まだ葉が落ちていないので
黄色が鮮やかで綺麗ですね。
石間の大銀杏と書いた立て札が立っていました。

大きすぎて上まで写らないですね。
青森にあった日本一の大イチョウはそろそろ落葉してるのかな。

そして海側まで出て
カーブドッチというワイナリーを見学に行きました。

20091127-4.jpg

有料ですが蔵の中が見られるとのことで
ちょっと案内ツアーに参加してみました。

17年前にブドウの木を植えて
このワイナリーを始めたとの話でした。

畑も砂地でブドウの木がそんなに大きくならないそうです。
水はけがよすぎたり、肥やしも地面にしみてしまったり
畑ひとつにしても苦労が多いようです。
年によって収穫量や品質もまちまちなようで
なかなか安定はしないようですね。

たくさんのタルが並んでいました。

20091127-5.jpg

タルの木の材質や、その木産地とか
タルの内部の焼き具合など、
色々な記載がされていました。
保存ひとつにしても奥が深いのですね。

倉庫にはワインが4万本ほどストックされていました。

20091127-6.jpg

ブドウから純国産で作られているワインは少ないそうです。
なかなかワインだけでは採算がとれないようで
レストランやその他のおみやげ、
結婚式や温泉宿泊施設と色々な事業を行って
採算をとっているようでした。

好きなだけじゃ生活はできないのでしょうけど
その好きなことを軌道にのせるために
色々な工夫をする力は素晴らしいなと感じました。

新潟発の純国産ワイン。
がんばってほしーなーと思いましたし
何より自分ががんばらなきゃなーと感じました。

明日は休息日の予定です。
少し骨休めですね。



10月24日 ヒスイ探し

朝起きたら曇りでした。
霞んでいてすっきりしない感じでしたので
八海山はやめておきます。

また機会があれば行ってみたいと思います。

なので車で南下。
海沿いを走りました。
三陸と違い、海沿いの道が海のすぐ近くを通っていますね。
リアス式のように入り組んでいないので
道が作りやすいのでしょうかね。
海を眺めながら走りました。

途中の道の駅も魚介類だらけ。
さすが海側ですね。

糸魚川市を過ぎた辺りから
ヒスイの看板が目に付くようになりました。

親不知海岸というところで車を止めると
スコップとバケツを持って海岸を歩いている人がいます。

ヒスイかな?
という事で少し探してみました。

20091024-1.jpg

ん~、知識がないので
石を見てもどれがヒスイか分かりません。

緑色っぽい石を適当に拾って
道の駅に併設されている翡翠ふるさと館に行きました。

中にはこの海岸でとれた翡翠や
原石とかが展示されていたので
拾った石と比べてみると
似ているような似ていないような・・・。

20091024-2.jpg

未完成の方に近いのかな。
その後も欲張って探しましたが
それっぽいのは落ちていないですね。

まあ、それらしきやつを拾って
ヒスイと信じて満足しました。

そして車を走らせて富山に入りました。
宇奈月というところで宿泊します。

10月23日 移動です。

朝起きたら晴れ。
雲がなく、いい天気でした。

観光日和ですが、岡山に向けて移動開始です。
米沢から日本海側に進み、山形県を出ました。
そして新潟県へ。

新潟に入ってすぐ、道の駅関川というところで
温泉に入りました。
身を清めてから移動です。

20091023.jpg

平日の午前中はさすがに人が少ないですね。
朝からゆっくりしてしまいました。

そして南に向かって運転。
道の駅でトイレ休憩しながら移動です。
新潟も道の駅が多いのですね。

大きな国道沿いの道の駅は
今までの東北の道の駅と違い
高速のSAのようになっていたり
巨大観光パークになっていたりと
産直的風合いの田舎の道の駅が少ないですね。
あたりまえですが海沿いなので魚介類が増えました。

新潟市内の大きな道の駅で
お土産用の日本酒を購入しました。
米どころですからね。

観光地を横目に全部スルー。
弥彦山の少し南で宿泊しました。

パンフレットを見ると八海山の紅葉が綺麗ですね。
ロープウェイがあるようで、今が見ごろなんだとか。

明日もし晴れたら八海山に行ってみようかな。
晴れ以外なら移動します。
プロフィール

ハイゼットマン

Author:ハイゼットマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード