FC2ブログ

11月26日 五色沼

朝起きたら雨。
しかも霧。
こりゃだめかなと思いつつ
五色沼に向かって車を走らせました。

少し前にこの道を通った時は雪だらけで
そりゃスカイラインも通行止めだよなーと思いましたが
今日は雪がなくなっていて
ずいぶん走りやすかったです。

朝は雨でしたが裏磐梯に入った辺りから霧がなくなり
雲がきれて薄日が差してきました。
よかったです。

遊歩道東側のビジターセンター前に車を止めて
散歩開始です。
どうせ遊歩道は雨でグチャグチャだろうと
長靴を履いていきました。

まず毘沙門沼が出てきました。

20091126-1.jpg

青というか緑というか
綺麗な色の沼ですね。
濁っているようですが、よく見ると澄んでいます。
写真だと逆行になってしまうので
水面が白っぽくなってしまいます。

ビジターセンターに近いので、多少観光客の方がいますね。

ここを過ぎると観光客はほとんど皆無。
誰も歩いていませんね。
道も水溜りでグチャグチャです。
長靴でよかったな。

次に赤沼というのが出てきました。

20091126-2.jpg

赤というより黄緑色かな。
こちらは少し濁った感じで
透明度は低そうです。
近くにある沼なのに、水の色が違うなんて不思議です。

そして次にみどろ沼。

20091126-3.jpg

赤沼の黄緑と透明な水が半々でした。
真ん中でくっきり色が分かれています。
写真だと平ぺったくて分かりにくいですが
これも不思議な沼です。

途中、川が流れていました。

20091126-4.jpg

長靴なので少し入ってみました。
水を触ると水温は普通。
山は雪なので刺すほどの冷たさかと思ったら
そんなでも無かったです。

そして次が弁天沼。

20091126-5.jpg

結構大きな沼ですね。
青いんですけど、水が遠くて
写真にうまく写りませんね。

遊歩道が水辺に近いので
どの沼も見下ろす感じじゃないので
色味がうまく写真に写りません。
まあ、しょうがないですね。

そして次がるり沼。

20091126-6.jpg

こりゃ青い。
これまでの沼より青みが強めですね。
多少青白い感じかな。

逆光ですが見下ろす感じなので
少し色みが分かりやすいです。

そしてそのるり沼の水が
隣の青沼にも流れていました。

20091126-7.jpg

同じように青白い感じですね。
くすんだ感じですが綺麗だなー。

十二湖の青池のような透明感のある青ではありませんが
こちらは柔らかい感じの青色です。

そしてそのまま歩いて国道に出ました。
毘沙門沼以降に出会った観光客は
国道に出る寸前に見かけた2人だけ。
3.6kmのコースをほとんど貸切状態で散歩できました。
出口側の売店とかは冬だからか全部閉まっていました。
途中にも出口にもトイレが無いですね。

片道遊歩道でしたので、
ビジターセンターまでバスで戻りました。

20091126-8.jpg

バスは奥入瀬で乗って以来かな。
久しぶりでした。
そして五色沼終了。

晴れてよかったです。
長靴大活躍でした。

そして磐梯山の表側にまわりました。

20091126-9.jpg

この前まで雪で真っ白でしたが
ここ数日でずいぶん溶けました。

猪苗代湖まで移動。
ずいぶん大きな湖ですね。

20091126-10.jpg

白鳥やカモがたくさんいました。
レジャーボートなんかがたくさんいる割りには
水が澄んでいて綺麗なのですね。

1周回ろうかと思いましたが
大きいので止めておきました。

20091126-11.jpg

嫁さんが高校のときに
ここにも来てみたかったとのこと
遅ればせながら目的達成でよかったです。

とにかく晴れてよかったな。
スポンサーサイト



11月25日 オイル交換


朝起きたら雨。
天気がよく無かったです。

洗濯して、オイル交換をしました。

20091125-1.jpg

走行距離が2万kmを超えました。
ずいぶん走りましたね。

昼から天気がよくなったので
少し会津柳津や西会津方面を走りました。
明日は五色沼の予定です。

11月24日 大内宿

朝起きたら霧。
結構濃い霧でした。

晴れなら五色沼と思っていましたが
霧で天気がよく分からないので
大内宿の方へ行ってみることにしました。

大内宿の手前あたりで霧がとれて
徐々に晴れてきました。
天気がよくなりましたね。

そして大内宿を歩きました。

20091124-1.jpg

西会津の宿場町とのことで
茅葺屋根の建物が連なっていました。
思ったより人が多いですね。
連休も終わったので誰もいないのかと思ったら
大勢歩いていました。

20091124-2.jpg

茅葺の建物はほとんどお土産やさんですね。
あとは蕎麦屋と酒店などです。

蕎麦屋に入ってみることにしました。

20091124-3.jpg

ネギそばというのを注文。
箸の代わりにネギが一本出てきて、
それで手繰って食べてくださいとのこと。
うまく食べられるのかな。
そして薬味としてネギをかじってくださいという事でした。

20091124-4.jpg

やっぱり箸のほうがうまく食べられますね。
薬味のネギはあたりまえですけど全部は食べきれません。
新蕎麦でおいしかったです。

そして宿場町を見下ろしました。

20091124-5.jpg

逆光でうまく写りませんが
茅葺屋根がずらっと並ぶ通りでした。
映画村のセットのようです。
タイムスリップしたみたいですね。

そして地図に載っていた塔のへつりへ。

20091124-6.jpg

へつりって何だろうと思いましたが
方言で断崖絶壁のことを言うようです。

塔のへつり駅という電車の駅もありました。
結構有名な観光地なのかな。
よく分かりませんがとりあえず散歩です。

20091124-7.jpg

断崖の道ですね。
少し進むと崩落で行き止まりになっていました。
こういう通行止めの遊歩道って多いですね。
少しだけへつって散歩終了。

近くにあった湯野上温泉へ行ってみました。

20091124-8.jpg

駅が茅葺なのですね。
線路は単線で細かったのですが
なんだか立派な駅でした。

そして駅で日帰り温泉のパンフレットを貰って
お風呂に入りに行きました。
どこも500円くらいで入れるようです。

民宿のお風呂に入ることにしました。

20091124-9.jpg

さすがに民宿のお風呂なので少し狭かったですが
源泉かけ流しの立派な温泉でした。
男風呂は誰もいなかったのですが
女風呂は少し混んでいたようです。

嫁さんはゆっくりできなかったかなと少し心配しましたが
いい人たちだったようで、楽しく話して入浴できたそうです。

明日は雨予報かな。

11月23日 会津、喜多方

朝起きたら晴れでした。
スッキリ晴れたら五色沼に行こうと思っていました。
車を走らせると少し曇ってきたので
五色沼はやめておいて
会津若松方面に向かうことにしました。

飯盛山の手前で駐車場の看板が出ていたので
市営駐車場の案内にそって駐車場に入ったつもりが
真横にある別の駐車場に止めてしまっていました。
車を止めるとおじさんがやってきて
ここでお土産を買って、サインを貰ってくださいと
お土産やさんの案内の紙を渡されました。
あらら、なんか買わなきゃなのかな。

まあ、そんなこんなで飯盛山へ。
まず白虎隊の自決の地、飯盛山に行きました。
嫁さんが高校の卒業旅行で
雪の中ここを訪れたそうです。

20091123-1.jpg

道が広いとか、あの店は無かったとか
当時の記憶の風景とずいぶん変わっているようです。
そりゃ20年ほど前の話ですもんね。

白虎隊の墓を参りました。

20091123-2.jpg

嫁さんが全員の名前を知っていたり
墓の並び準まで覚えていることに少し驚きました。

嫁ガイドのおかげで白虎隊の話やら
20年前との違いなどの話を聞けて
少し得した気分です。

白虎隊の絵や血の付いた旗などが飾られているお堂がありました。

20091123-3.jpg

以前嫁さんがきたときは雪が積もっていて
お堂に木の板がはめられていて
中が見えなかったそうです。
今回は雪の前でよかったです。

そしてその横にはグルグルの建物
さざえ堂というのがありました。

20091123-4.jpg

中に入ると木のスロープがグルグル・・・。
降りる人とすれ違わないように
一方通行でグルグル回っておりてきました。

20091123-5.jpg

不思議な建物ですね。
嫁さんが以前きた時は、このさざえ堂も雪でしまっていたそうで
中に入るのは初めてとのこと。
一緒にグルグル歩きました。

そして指定のお土産やさんでお買い物。
そそられる土産品が無かったので、おでんを1本ずつ購入。
店のサインを貰って駐車場に帰りました。

そして駐車場に到着。
おじさんにその紙を渡すときに
「おみやげ買わなきゃ駐車料金は有料なのですか」と聞いたら
買わなくても無料です。
この辺の駐車場はすべて無料ですよ、とのこと。
なんだ、そうだったのですね。
無理してお土産を買う必要は無いようです。

次に鶴ヶ城公園へ。

20091123-6.jpg

天気がよくなってきたので
適当に散歩しました。

嫁さんはここにもきたことがあるそうでしたが
その時、城の中までは入らなかったそうです。

見た感じコンクリートの復元城でしたので
今回も入らず周辺散歩のみ。


嫁さんが高校卒業の頃に見た場所を巡れて
ここを歩いたんだなーと想像すると
なんだか自分の事ではないのに懐かしいような感じがします。
嫁も楽しめたようです。

昼ごはんはどうしようかなー、ということで
喜多方に移動してラーメンにしました。
休日は市役所の駐車場が無料開放されているとの事で
車を止めてラーメン屋を目指しました。

駐車場から近いラーメン屋をみると
ものすごい行列ができていました。
さすが祝日ですね。
そういえば市役所の駐車場は他府県ナンバーの車でパンパンでした。
みんなラーメンを食べにわざわざくるのでしょうかね。

少し歩いて、すいているラーメン屋に入りました。

20091123-7.jpg

嫁さんはあまりラーメンを好んでは食べないのですが
ここのラーメンは麺もスープもおいしかったようで
嫁さん好みの味だったようです。
行列のできていた店はもっとおいしいのかな?

食べ終わって町を散歩。
蔵が点在していますね。

20091123-8.jpg

一箇所に蔵がまとまっていないので
一体感はありませんが
細い路地などを適当に歩いても
蔵がちょくちょく出てきます。

喜多方は蔵とラーメン屋さんがいっぱいですね。

明日は晴れるかな。
晴れたら五色沼なんですけどね・・。

11月22日 通行止

朝起きたら晴れでした。
スッキリ晴れましたね。

連休中日という事で洗濯へ。

山側はどこを見ても雪。

20091122.jpg

磐梯吾妻スカイラインへ行こうかと思いましたが
分岐のところでチェーンをガッチリ巻いたバスがいたので
やめておきました。

雪じゃどうしようもないので喜多方方面へ抜けようと
国道を走りました。
一般国道の459号線も普通に雪が積もっていました。
こりゃゆっくり走らないとです。

道路の表示を見ると
磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークライン
磐梯山ゴールドラインのすべての有料道路は
11月15日で閉鎖と書いてありました。
結局通れなかったのですね。

そりゃそうですよね。
ふもとが積雪なのに山の上は無理に決まっています。

磐梯山系スカイライン巡りは早めにこなきゃですね。

11月21日 飯坂温泉

昨日、実家から連絡がありました。
いわて、平泉観光キャンペーンのフォトコンテストに
八幡平で写した写真を応募したのですが
それが入選したとかで、データを送ってほしいとのこと。

ずいぶん前の話なので忘れかけていたのですが
スタンプラリーにあわせて、せっかくなのでと応募しました。
選ばれるとうれしいですね。
新婚旅行のいい記念です。

20091121-1.jpg

朝起きたら晴れ。
太陽が眩しかったです。
七ヶ宿のダム湖は湖面に霧がモヤーッと浮いていました。
そしてにわか雨。
虹が綺麗に見えました。

ダムの下流にある材木岩という場所に行きました。

20091121-2.jpg

切り立った岩場ですね。
材木を立てかけたような模様だから材木岩なのかな。
雨がぱらついていたので、特に説明等は読まず
見学しました。

そして福島市内に向けて移動。
途中で鳥居がたくさんある場所を通りました。
萬蔵稲荷神社という神社のようです。

20091121-3.jpg

特に参拝はせず、鳥居だけくぐって帰ってきました。
これで宮城県はおしまいです。
少し走るとすぐに福島市内です。
飯坂温泉が通り道にあったので立ち寄りました。

3連休の初日なので混むかなーと思いながら
温泉街に向かいました。

駐車場に鯖湖湯という共同浴場の案内矢印が出ていたので
その矢印どおりに進みました。
そして鯖湖湯に到着。

20091121-4.jpg

料金200円の小さな浴場です。
シャワーや洗い場も無く、本当にお湯につかるだけの
こじんまりとした温泉でした。
概観も内装も木造りで、床と湯船は石でした。
松尾芭蕉も入ったことがあると書いてありました。
内部は撮影禁止とあったので
写真は写しませんでした。
さすがに連休なので観光客の人がいますね。
女湯は混んでいたそうです。

駐車場に帰るとき八幡の湯という公衆浴場があったので
そっちにも入ってみることにしました。

20091121-5.jpg

こちらも同じく200円。
入ってる人は誰もいませんでした。
鯖湖湯ほどの趣はありませんが
こちらも同じ感じの温泉です。

20091121-6.jpg

嫁さんは八幡の湯のほうが大衆的で好きなようです。
寒い午前中でしたので、ゆっくり温まることができました。

天気は晴れたり雨が降ったりと
不安定な一日でした。
おかげでしょっちゅう虹が見えていました。

日に日に寒さが増しますね。
スッキリ晴れる日が少なくなってきました。
磐梯の方も雪が見えていますね。
連休の中日なので洗濯でもしようかと思います。
プロフィール

ハイゼットマン

Author:ハイゼットマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード