FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島は・・。

2月上旬。
職や住居の状況を見るために小豆島に渡ってみました。
前回小豆島に来たのは7月でしたから、
あの頃と比べるとずいぶん寒かったです。
乗船客もほんの数人。
まさに閑散期ですね。

syokusagashi1.jpg

とりあえず事前に連絡を取っていた役場を尋ねてみました。
若い担当者の方が対応してくれたのですが
やはり事前に説明があったとおり
役場としては多くの人に移住してもらいたいが
職も少なく、家も少ないのが現状で
ホームページで空き家バンクを公開するというくらいで
なかなかそれ以上のサポートができないのが実情のようでした。

退職して年金で暮らす移住の方は結構いらっしゃるようですが、
若年層の移住は少ないようで高齢化率は高まる一方だそうです。

オリーブ課というところで
オリーブ生産の移住の話も聞きましたが
コンサルが国の補助で移住のプログラムを行っているようで
それに応募した何人かがきているそうでした。
移住してきた人は地元のオリーブ関連の会社に働いているそうで
オリーブ畑だけで生計を立てている人はいないそうです。
果樹やオリーブなどの木で収穫するものは
収穫できるまでの期間が3年ほどかかり
土地もなかなか借りられないようですね。

仕事どころか家もないとのことだったので
役場で不動産屋さんのリストをもらい、賃貸住宅を探してみました。
最初に尋ねた不動産屋さんは物件を1件しかもっていないとのことでした
その不動産屋さんに別の不動産屋さんを紹介されたのですが
仕事を先に見つけないと、貸主さんも不安がるので
なかなか紹介できないとのことでした。
しかも家賃相場が5~7万円だとか。
都会と変わらないですね。こりゃきついな。
他の地区の不動産屋さんにも一応聞いてみましたが
手持ちに物件はなく、希望条件を聞いてから探すとのことでした。
これじゃ仕事が決まっても、希望の条件の家が見つからなければ
住んで働くこともできませんね。

やっぱり先に仕事かなということで
ハローワークに行きました。

syokusagashi2.jpg

こういうところで職を探すのは初めてです。
素麺、醤油、事務仕事などもありますが
やはり賃金が低めですね。

近くにある直島という島で浄化槽管理士を募集していました。
免状はあるし、浄化槽も処理場も管理経験があるので
ちょっと確認。
こちらのほうが給料もよさそうですので連絡してみると
ぜひ、面接に来てくださいとのことでしたが
なんだか人気の島らしく小豆島以上に家探しが大変そうです。
仕事があっても家がなきゃどうしようもないですからね。

それにしても求職数が少ないです。
じっくり探すにしても定住する家がないので
ハローワークを通じて地場産業の素麺の製麺屋さんをたずねてみました。

syokusagashi3.jpg

家が決まっていないと採用は難しいとのこと。
あらら
家がないと職が決まらないし
職がないと家が借りられないという
変なループにはまってしまいました。

身寄りの無い場所で働くには
やりたいことが明確になっていたり
この場所でこれをやるぞっていう強い意志を持って
ゼロから始める気持ちがないと
移住者希望と言っている場所でも簡単には受け入れてもらえないし
また、そういった人を求めているのだなーと感じました。
思い切って最初に家を買ってしまうくらいの勢いが必要ですね。

そういえば山の上には雪が積もっていました。

syokusagashi4.jpg

温暖な瀬戸内だと思っていましたが
山の上は雪なんて、信じられないですね。

そして小豆島を後にしました。

syokusagashi5.jpg

波は相変わらず穏やかですね。
山もあり、海もあり、比較的便利で
すごく住みやすそうな場所でしたが
一発では入り込めなかったです。

なかなかスッとはいけないもんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハイゼットマン

Author:ハイゼットマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。