FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北山崎、鵜の巣断崖

朝起きたら晴れでした。
曇りか雨みたいな予報だったので、
洞窟でも行こうかと思っていましたが、
晴れだったので北山崎へ行くことにしました。

なんだかパンフレットで絶賛の景勝地なので
晴れの日にいけるのはうれしいです。
晴れ女の嫁さんのパワーが雨を吹き飛ばしたかな。

途中、普代まつりというのぼりが道路脇にあり、
綺麗な山車が止まっていました。

20090905-1.jpg

10時半に出発という事なので待っていたら、
祭り会場に向かって普通に山車だけが出発していきました。

あらら、ここから祭り本番じゃなかったみたいです。
今日はお披露目だそうで、明日が本番のようです。

結構、狭い通りでしたが、デカイ山車が通るのですね。
交通規制があるようです。

そして北山崎に到着。
ビジターセンターに立ち寄ったところ
海岸まで下りる道は通行止規制の看板がありますが、
落石は撤去されているため、自己責任で入ってくださいと
ホワイトボードに書いてありました。

じゃ、という事で、早速、階段800段以上の階段を下り、
一番下まで来ました。

20090905-2.jpg

ん~、暑い。
今日は気温も高く、汗だくです。
トンネル状になった岩が多くみられますね。
奇岩が連なる和風の海岸でした。

海を見ると昆布がギッシリ付いていました。
そういえば上のお土産コーナーで昆布が売っていましたっけ。
昆布海岸です。

20090905-3.jpg

観光船が岩の隙間を通り抜けて走っていました。
結構な波ですけどね。
嫁さんは酔わないからいけそうですが、
私は乗れなさそうな波です。

船の乗客が手を振っていました。
コッチが見えたのかな?
振り返しておきました。

そして、下りた階段を一気に上り
展望台から見下ろしました。

20090905-4.jpg

よくこんなところを下りたな~。
どこまでも続く、断崖絶壁海岸です。

海側から霧があがってきていて、
上の方が少し霞む感じでした。
しかも逆光なので写真の色身は悪いですが、
いい景色でした。

次に北山崎の少し南の北山浜に下りてみました。

20090905-5.jpg

北山崎方面が下から見えるかなーと思いましたが、
岩がポコッと飛び出していて見えませんでした。
さすがリアス式。
入り組んでいます。

昆布がいっぱい落ちていますね。
その辺の岩場からはがれてくるのでしょうね。
地元の人が波打ち際で昆布を拾っていました。
昆布浜ですね。

次に、少し南の鵜の巣断崖に行きました。

20090905-6.jpg

20090905-6-2.jpg

こりゃ断崖ですね。
ストンと落ちた崖がポコポコ並んでいました。
展望台から下の浜を見ると、トンネルが見えました。
歩道っぽいので、ちょっと下りてみることに。

急坂の獣道をテクテクと下りました。
こりゃ帰りがしんどいです。

やっとのことで浜に下りると
軽トラが止まっていました。
砂利道ですが、車で下までこれるのですね。
こりゃ失敗です。

20090905-7.jpg

上から見えたトンネルをくぐり、
断崖の浜を散歩しました。

波が結構ありますね。
トンネルの中にも波が入ってくる勢いです。

20090905-8.jpg

さっきまでいた展望台が上に見えます。
すごい断崖ですね。
やっぱり上は霧っぽく、少し霞んでいます。

浜を歩いていたら、
昆布を拾って干しているおじさんが
お土産に持ってけ、と
昆布の束をくれました。

ん~、長期移動中なので、使用できないんですけどね。
家に送ります。
ありがとうございました。

そして鵜の巣ジャンプ。

20090905-9.jpg

素敵な海岸遊歩道でした。
上と下から見られてよかったな。

帰り道、昆布を持って登るのが辛かったです。

嫁さんが、晴れるまで待ってでも行きたいと言っていた
今日の北山崎。
楽しめたかな?

その後、久慈に戻りました。
道の駅で岩手短角牛のハンバーグを食べようと思っていたら、
ちょうどそこでイベントをやっていて、
露店で岩手短角牛の串焼きがあったのでそっちを食べました。
地元のまめぶ汁という汁物や、田楽、もち等も食べました。
おいしかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハイゼットマン

Author:ハイゼットマン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。